2017年度入学

アルノー デルモッテ

博士論文

Blind watermarking for 3D printed objects by applying small geometric modification on the surface (3Dプリント造形物の表面ヘの微細な幾何学的加工によるブラインド型電子透かし)

論文誌

A. Delmotte, K. Tanaka, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Blind Watermarking for 3D Printed Objects by Locally Modifying Layer Thickness'', IEEE Trans. on Multimedia, Dec. 2019.

国際会議

A. Delmotte, K. Tanaka, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Blind Watermarking for 3-D Printed Objects using Surface Norm Distribution'', Proc. ICIEV & icIVPR 2018, June 2018.

国内会議

A. Delmotte, K. Tanaka, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Blind watermarking for 3d printed objects by modifying layer thickness'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2019), PS2-70, July 2019.

新聞記事

電子デバイス産業新聞 2020年2月20日: 「立体造形物の電子透かし 情報埋め込みに成功」
日刊工業新聞 2020年1月24日: 「立体造形物に『電子透かし』 積層造形時埋め込み」

プレスリリース

奈良先端大,立体造形物に電子透かしを埋め込む技術を開発, 2020/1/16

井上 裕太

修士論文

Time-of-Flight カメラを利用した半透明物体の散乱特性に基づく材質判別の検討

国内会議

井上裕太, 田中賢一郎, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``時間相関イメージングによる半透明物体の振幅画像の変化の解析'', 情処研報 CVIM 216-6, Mar. 2019.

上田 朝己

修士論文

同期プロジェクタ―カメラシステムを用いた撮像領域の制御による反射光成分の選択的な取得と応用

受賞

優秀学術賞
上田朝己,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``時間同期プロジェクタ―カメラシステムを用いた撮像領域の制御と応用'', 第25回画像センシングシンポジウム (SSII2019),2019/11/7.
ポリフォニー・デジタル賞
上田朝己, 久保尋之, S. Jayasuriya, 舩冨卓哉, 向川康博, ``Slope Disparity Gating: 時間同期式プロジェクタ―カメラシステムを用いた反射光の選択的取得と応用'', Visual Computing (VC2019) , 2019/6/29.
Demo Award
T. Ueda, H. Kubo, S. Jayasuriya, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Slope Disparity Gating using a Synchronized Projector-Camera System'', IEEE ICCP2019, 2019/5/17.

国際会議

T. Ueda, H. Kubo, S. Jayasuriya, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Slope Disparity Gating using a Synchronized Projector-Camera System'', IEEE ICCP2019, May 2019.【Demo Award】

国内会議

上田朝己, 久保尋之, S. Jayasuriya, 舩冨卓哉, 向川康博, ``Slope Disparity Gating: 時間同期式プロジェクタ―カメラシステムを用いた反射光の選択的取得と応用'', Visual Computing (VC2019), June 2019. 【ポリフォニー・デジタル賞】
上田朝己, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``時間同期プロジェクタ―カメラシステムを用いた撮像領域の制御と応用'', 第25回画像センシングシンポジウム (SSII2019), June 2019. 【優秀学術賞】
上田朝己, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``プロジェクタカメラシステムの同期遅延と走査速度の制御にもとづく光伝播の計測と応用'', 情処研報 CVIM 214-17, Nov. 2018.

中西 由希子

修士論文

球体ディスプレイを用いた立体感のある映像表現に関する考察

受賞

Best Poster Award
Y. Nakanishi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Mathematical Model for Pop-up Effect of ChromaDepth'', ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2018), 2018/12/1.

国内会議

中西由希子, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``クロマデプスを用いた人の知覚する奥行き感に関する実験と考察'', 質感のつどい 第4回公開フォーラム, Oct. 2018.

国際会議

Y. Nakanishi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Mathematical Model for Pop-up Effect of ChromaDepth'', ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2018), 2018/12/1. [Best Poster Award]

イベント

日本科学未来館 クラブMiraikan会員向けイベント, 地球合宿2019「ジオ・コスモスの開発現場へようこそ!」,2019/3/9.
日本科学未来館 クラブMiraikan会員向けイベント, 地球合宿2018「ジオ・コスモスの開発現場へようこそ!」,2018/3/24.

藤田 紘樹

修士論文

コンピュテーショナルファブリケーションによる半透明感制御手法

受賞

MIRUフロンティア賞
高谷剛志, 藤田紘樹, 田中賢一郎, 舩冨卓哉, 向川康博, ``半透明材質へのUV印刷による半透明感の制御'', 情処研報 CGVI 169-10, Mar. 2018.

論文誌

T. Takatani, K. Fujita, K. Tanaka, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Controlling translucency by UV printing on a translucent object'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, June 2018.

国内会議

高谷剛志, 藤田紘樹, 田中賢一郎, 舩冨卓哉, 向川康博, ``半透明材質へのUV印刷による半透明感の制御'', 情処研報 CGVI 169-10, Mar. 2018. 【MIRUフロンティア賞】

連 孟

修士論文

Time-of-Flight計測における霧による距離計測歪みの複数の変調周波数を用いた補正

論文誌

T. Muraji, K. Tanaka, T Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Depth from Phasor Distortions in Fog'', OSA Optics Express, 2019.

国内会議

連孟, 田中賢一郎, 舩冨卓哉, 向川康博, ``Time-of-Flight計測における複数の変調周波数を用いた霧による距離計測歪みの補正'', 情処研報 CVIM 214-18, Nov. 2018.

書籍

向川康博,連孟,田中賢一郎,舩冨卓哉, 「自動運転拡大に求められるセンシング技術・情報処理技術 〜センサ・部材設計開発/データ処理技術/実用化に向けた各社動向〜」, 第5章 第3節「Time-of Flightカメラ計測における霧の影響」, pp. 152-162, ISBN 978-4-86502-170-7, 情報機構,May 2019.

山本 皓平

修士論文

ハイスピードカメラを用いた新たなイメージングの提案

国内会議

山本皓平, 津田香林, 田中賢一郎, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``短時間露光画像列の演算によるリパンニングの実現'', 情処研報 CVIM 216-13, Mar. 2019.