• 開放的な学生居室

  • 暗室での撮影実験

  • 様々なカメラ・レンズ群

  • 学生居室でのディスカッション

  • ハイパースペクトルカメラ

  • 光学機器を用いた実験

  • コンピュータグラフィクス

  • ミーティング室でのディスカッション

  • 日本科学未来館での映像表示実験

研究室概要

カメラで計測された視覚情報をもとに機械がシーンを理解する コンピュータビジョンと, 人間に対して視覚情報を呈示する コンピュータグラフィックスを土台として, 人間と機械が光を媒体として対話できる新しいインタフェースの実現を目指した最前線の研究をしています.

いつでも見学会(受験生向け)

情報科学領域では「いつでも見学会」というキャッチフレーズで, 随時研究室や各種設備の見学ができるようにしています. 見学希望の方は下記の必要事項を記入の上,メールにてご連絡下さい.

宛先:
  • お名前:
  • ご所属:
  • 学年(学生の場合):
  • メールアドレス:
  • 希望研究室: 光メディアインタフェース研究室
  • 希望日時の候補:
  • 見学を希望する理由:
※ なお,見学希望日時はなるべく幅を持たせて指定してください.

What's new

2018/5/1
新メンバー9名が配属されました.
2018/2/24
2月24日(土)に オープンキャンパスを開催し, 多くの方々に最新の研究成果を見て頂けました.
2017/12/7
SIGGRAPH ASIA 2017で発表した大野君と峰友君の研究が, CGWORLD.jpのスペシャルインタビューで紹介されました.
2017/11/28
コンピュータビジョンとパターン認識に関する国際会議の The 4th Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2017)で, 梶原君がStudent Travel Prizeを受賞しました.
2017/8/9
コンピュータビジョンに関する国内最大規模の会議である 「画像の認識・理解シンポジウム」で, 北野君がMIRU長尾賞を受賞しました.
2017/4/14
新メンバー6名が配属されました.
2017/4/3
田中助教が着任されました.
2017/3/吉日
卒業間近のM2の皆さんが,学会発表でいろいろ受賞しました.まず, 佐藤君が映像表現・芸術科学フォーラム2017で優秀発表賞を, 伏下君が映像表現・芸術科学フォーラム2017でCG-ARTS人材育成パートナー企業賞を, 國吉君がCVIM研究会で奨励賞を受賞しました.
2017/3/16-17
本研究室が主催する異分野融合ワークショップ 「International multidisciplinary Workshop on Sensing, Reconstruction, and Recognition of Environment」を開催しました. フランスから4名,国内から4名の若手研究者を招き, 幾何・光学・ロボティクスなどの様々な視点から議論を深めることができました.