ここでは,研究室発足以来の代表的な研究を紹介しています. 各教員の発表文献をご覧になりたい方は,以下のリンクにお進み下さい.
  • 向川教授
  • 舩冨准教授
  • 久保助教
  • 田中助教
  • ToFカメラを用いた材質推定

    • 岩口優也, 田中賢一郎, 青砥隆仁, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``ToFカメラの距離計測歪みを手掛かりとした半透明物体の分類'', 情処研報 CVIM 203-12, Sep. 2016. [PDF]
    • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Material Classification using Frequency and Depth Dependent Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2017, July 2017.
    • [Project page]

    万華鏡ハイパースペクトルカメラ

    • T. Takatani, T. Aoto, Y. Mukaigawa, ``One-shot Hyperspectral Imaging using Faced Reflectors'', Proc. CVPR2017, July 2017.
    • [Project page]

    X-Slitカメラ

    • 宮田明裕, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, `` X-Slitを用いた光線群サンプリングによる効率的なBRDF計測'', PoTS映像学シンポジウム, Mar. 2017. [PDF]
    • 宮田明裕, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``X-Slitを用いた光線群サンプリングによる広域BRDF計測'', Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2017, June 2017.

    ナノ秒光伝播解析

    • 岡本貴典, 田中賢一郎, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``照明の発光タイミング遅延によるシーンのインパルス応答の時間高分解能化'', 情処研報 CVIM 200-21, Jan. 2016. [PDF]
    • K. Kitano, T. Okamoto, K. Tanaka, T. Aoto, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Recovering Temporal PSF using ToF Camera with Delayed Light Emission'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Aug. 2017. [LINK] [PDF]

    超音波振動による粘弾性推定

    • 青砥隆仁, 向川康博, ``超音波振動による物体表面の法線方向の変化を利用した粘弾性の推定'', 情処研報 CVIM 206-12, Mar. 2017. [PDF]

    • 青砥隆仁, 向川康博, ``超音波振動による鏡面反射光の残像効果を利用した粘弾性の推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), Aug. 2017.

    ヒト胚の連続切片画像の非剛体位置合わせ

    • 梶原武紘,舩冨卓哉,巻島美幸,青砥隆仁,久保尋之,山田重人,向川康博, ``剛体変換のブレンディングによるヒト胚の連続切片画像の非剛体位置合わせ'', 信学技報 医用画像研究会 MI2016-71, Vol. 116, No. 393, pp.1-6,Jan. 2017. [PDF]

    • T. Kajihara, T. Funatomi, H. Makishima, T. Aoto, H. Kubo, S. Yamada, Y. Mukaigawa, ``Non-rigid registration of serial section images by blending 2D rigid transformations'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2017), Aug. 2017.

    球形物体の表面下散乱のインバースレンダリング

    • X. Zeng, T. Iwaguchi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Evaluating Inverse Rendering of Subsurface Scattering using Translucent Spherical Object'', 情処研報 CGVI 166-3, Mar. 2017. [PDF]

    光学レプリカによる散乱特性の再現

    • 伏下晋,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``光学特性の異なる液体の混合による半透明物体の散乱特性再現'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017. [PDF]

    • 伏下晋,久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``半透明物体の散乱特性再現を目的とした液体の混合比率推定'', 画像関連学会連合会 第3回秋季合同大会, Nov. 2016. [PDF]

    バンドパスフィルタの選択

    • 櫻井俊, 青砥隆仁, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``特定用途のマルチスペクトルカメラ設計のための重要フィルタの選択'', 情処研報 CVIM 206-16, Mar. 2017. [PDF]

    球体ディスプレイにおける映像表現

    • 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``球体ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017. [PDF]

    • 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``非平面ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 情処研報 CVIM 205-36, Jan. 2017. [PDF]

    光路整列による散乱光CT

    • T. Iwaguchi, T. Funatomi, H. Kubo, Y. Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Aug. 2016. [PDF]

    ToFカメラを用いた透明物体の形状計測

    • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2016, June 2016.
    • [Project page]

    4次元光線空間のセグメンテーション

    • Mihara, T. Funatomi, K. Tanaka, H. Kubo, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, ``4D Light-field Segmentation with Spatial and Angular Consistencies'',Proc, ICCP2016, May 2016.
    • [Project page]

    コンタクトイメージング

    • 國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 澤田好秀, 加藤弓子, 向川康博, ``コンタクトイメージングにおける視認性向上のためのリフォーカシングと高周波照明法の統合'', 情処研報 CVIM 206-11, Mar. 2017. 【奨励賞】 [PDF]
    • 國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, 澤田好秀, 加藤弓子, ``コンタクトイメージングへの高周波照明法の適用'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS3-40, Aug. 2016. [PDF]
    • 加藤弓子, 澤田好秀, 佐藤太一, 國吉房貴, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``多光源撮影による初期胚のリフォーカシングと3D表示'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-27, Aug. 2016. [PDF]
    • 加藤弓子, 澤田好秀, 國吉房貴, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``リフォーカシングによる初期胚の自由焦点画像生成'', 信学技報 医用画像研究会(MI),No.30, Jan.2016. [PDF]

    4次元光線空間生成

    • 石原葵,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``多重スクリーンへの個別情報提示のための輝度勾配を考慮した4次元光線空間の生成'', 画像電子学会誌 ビジュアルコンピューティング論文特集号, Vol.45, No.3, pp.287-295, July 2016. [PDF]
    • 石原葵, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``画像調整法を用いた4次元光線空間生成による多重スクリーンへの個別情報提示'', 情処研報 CVIM 199-25, Nov. 2015. [PDF]

    半透明物体の高速レンダリング

    • H. Kubo, K. Tokoi, Y. Mukaigawa, ``Real-time Rendering of Subsurface Scattering according to Translucency Magnitude'', ACM SIGGRAPH 2015 Posters, Article No. 87, Aug. 2015. [PDF]
    • 久保尋之,床井浩平,向川康博, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC2015, Aug. 2015. [PDF]
    • [Project page]

    墨字の光学特性

    • 浅田繁伸,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``書画の質感再現を目的とした反射率と透過率を同時に再現するレプリカの作成'', 電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J99-D,No.8,pp.747-756, Aug. 2016. [PDF]

    • 浅田繁伸, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``書画の質感再現を目的とした光学的レプリカの試作'', 情処研報 GCAD 159-5, June 2015. [PDF]

    農作物の光計測

    • 岩口尭史,久保尋之,向川康博, ``2波長から計算される特徴量の逆投影による果実内糖度分布推定'', 情処研報 CVIM 197-28, May 2015. [PDF]

    多重高周波照明

    • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Layered Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Nov. 2016. [PDF]
    • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', Proc. CVPR2015, June 2015. [PDF]
    • 田中賢一郎, 向川康博, 久保尋之, 松下康之, 八木康史, ``多重高周波照明による半透明物体内部のスライス可視化'', 情処研報 CVIM 195-24, Jan. 2015. [PDF]
    • [Project page]

    曲率依存反射関数

    • 岡本翠,安達翔平,久保尋之,向川康博,森島繁生, ``半透明物体における曲率と透過度合の相関分析'', 情処研報 CVIM 195-26, Jan. 2015. [PDF]
    • 岡本翠, 久保尋之, 向川康博, 森島繁生, ``曲率依存反射関数を用いた半透明物体における照度差ステレオ法の改善'', 情処研報 CVIM 198-24, Sep. 2015. [PDF]

    光線空間イメージング

    • 三原基,浅田繁伸,石原葵,岩口尭史,岡本貴典,田中賢一郎,久保尋之, 向川康博, ``光線空間を用いた画素毎に独立したリフォーカシング'', 電気関係学会関西連合大会, Nov. 2014. (優秀論文発表賞) [PDF] [Poster]

    • 三原基,岩口尭史,田中賢一郎,久保尋之,長原一,向川康博, ``光線空間を用いた不要物体除去リフォーカシング画像の生成'', 情処研報 CVIM 195-52, Jan. 2015. [PDF]

    CTのための層構造モデル

    • 櫛田貴弘, Bingzhi Yuan, 玉木徹, 向川康博, 久保尋之, Bisser Raytchev, 金田和文, ``パスサンプリングを用いた散乱トモグラフィ'', 情処研報 CVIM 195-51, Jan. 2015. [PDF]
    • B. Yuan, T. Tamaki, T. Kushida, Y. Mukaigawa, H. Kubo, B. Raytchev, K. Kaneda, ``Optical tomography with discretized path integral'', Journal of Medical Imaging, 2015. [PDF]

    平行高周波照明

    • K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Descattering of Transmissive Observation using Parallel High-frequency Illumination", Proc. IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP2013), Apr. 2013. (Honorable Mention) [PDF]

    • 田中賢一郎,向川康博,八木康史, ``平行高周波照明による透視画像の散乱光除去'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J96-D,No.8,pp.1834-1843, Aug. 2013. [PDF]

    光伝播に基づくリフォーカシング

    • Md. A. Mannan, S. Tagawa, T. Tamaki, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Light Transport Refocusing for Unknown Scattering Medium'', The 22nd International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014), Aug. 2014.[PDF]

    スペックル解析

    • T.Matsumura, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Estimating depth of layered structure based on multispectral speckle correlation", Proc. 3DV2014, Dec. 2014. [PDF]
    • 松村隆弘,向川康博,松下康之,八木康史, ``多波長スペックル相関を用いた層構造の深さ推定'', 情処研報 CVIM 187-45, May 2013. 【卒業論文セッション優秀賞】 [PDF]

    照明の4次元ライトフィールド推定

    • T.Aoto, T.Sato, Y.Mukaigawa, N.Yokoya, "Linear estimation of 4-D illumination light field from diffuse reflections", Proc. IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2013), Nov. 2013.[PDF]
    • 青砥隆仁, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``光線強度の非負値制約を用いたL1ノルム最小化による4次元ライトフィールドの再構成'', 情処研報 CVIM 195-62, Jan. 2015. [PDF]

    表面下散乱を考慮した照度差ステレオ

    • 井下智加,向川康博,松下康之,八木康史, ``ぼけ画像復元による半透明物体の照度差ステレオ法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), July, 2014. [PDF]
    • C.Inoshita, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita and Y.Yagi, "Surface Normal Deconvolution: Photometric Stereo for Optically Thick Translucen t Objects", European Conference on Computer Vision (ECCV2014), Sep. 2014. [PDF] [Poster]

    • [Project page]

    多重法線構造

    • 池本祥, 向川康博, 松下康之, 八木康史, ``表面下の微粒子構造を考慮した多重法線反射モデルの提案'', 情処研報 CVIM 192-19, May 2014. 【卒業論文セッション優秀賞】

      [PDF]

    • 池本祥, 向川康博, 松下康之, 久保尋之, 八木康史, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 情処研報 CVIM 199-15, Nov. 2015. [PDF]

    中空透明球体を用いた近接光源位置推定

    • T. Aoto, T. Taketomi, T. Sato, Y. Mukaigawa and N. Yokoya, "Position Estimation of Near Point Light Sources using Clear Hollow Sphere" Proc. IAPR ICPR2012, Nov. 2012. [PDF] [Poster]
    • 青砥隆仁,佐藤智和,向川康博,武富貴史,横矢直和, ``中空透明球体を用いた近接点光源の位置推定'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J98-D, No.3, pp.534-545, Mar. 2015. [PDF]

    受賞

    To page top