奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 光メディアインタフェース研究室 准教授
京都大学博士(情報学)

Profile

オフィス

〒630-0192 奈良県生駒市高山町 8916-5
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 B棟6階 B615号室
funatomiis.naist.jp

To page top

学歴

To page top

経歴

To page top

Research Interests

コンピュータビジョン,パターン認識,コンピュータグラフィックス,マルチメディア情報処理
3次元形状計測/表面再構成,物体検出・認識,料理メディア

To page top

研究助成

To page top

研究活動

To page top

教育活動

To page top

アウトリーチ活動

To page top

Publication

学術論文

  1. Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa: Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material, IPSJ Trans. on Computer Vision and Applications, 2016.8
  2. Atsushi Hashimoto, Jin Inoue, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    Intention-Sensing Recipe Guidance via User Accessing Objects,
    International Journal of Human-Computer Interaction, DOI:10.1080/10447318.2016.1191744, 2016.
  3. 浅田 繁伸, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    書画の質感再現を目的とした反射率と透過率を同時に再現するレプリカの作成,
    電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D, No.8, pp.747-756, 2016.8
  4. 石原 葵, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    多重スクリーンへの個別情報提示のための輝度勾配を考慮した4次元光線空間の生成,
    画像電子学会誌 ビジュアルコンピューティング論文特集号, Vol.45, No.3, pp.287-295, 2016.7
  5. 山崎 健史, 吉野 幸一郎, 前田 浩邦, 笹田 鉄郎, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 森 信介:
    フローグラフからの手順書の生成,
    情報処理学会論文誌, Vol.57, No.3, pp.849-862, 2016.3
  6. Kazuaki Nakamura, Takuya Funatomi, Atsushi Hashimoto, Mayumi Ueda, Michihiko Minoh:
    Development and Evaluation of Near Real-time Automated System for Measuring Consumption of Seasonings,
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.12, pp.2229-2241, 2015.12
  7. Tsutomu Sakuyama, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Diffraction-Compensating Coded Aperture for Inspection in Manufacturing,
    IEEE Transactions on Industrial Informatics, vol.11, no.3, pp.782-789, DOI: 10.1109/TII.2014.2342374, 2015.6 [PDF]
  8. 小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 岡留 剛:
    拡張現実環境における手の仮想手への置換に基づく仮想物体操作の位置ずれ補正,
    画像電子学会誌, Vol.44 No.1 pp.106-112, 2015.1
  9. 井上 仁, 橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 上田 真由美, 美濃 導彦:
    食材認識のための画像と食材切断時の振動音及び荷重の利用,
    電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J97-D, No.9, PP.1490-1502, 2014.9
  10. 喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 岡留 剛:
    レベルセット法を用いたF陣形と個人空間の抽出によるオープンスペース内の偶発的対面インタラクションの参与者グループ認識,
    電子情報通信学会論文誌A, Vol.J96-A, No.10, PP.705-720, 2013.10
  11. Hidenori Tsuji, Yoko Yamakata, Takuya Funatomi, Hiromi Hiramatsu, Shinsuke Mori:
    A Platform for Facilitating Video-based Cooking Communication by Multimedia Technologies,
    Journal of Multimedia Processing and Technologies, PP.85-101, Vol.3 , No.2, 2013.6
  12. 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 中村 和晃, 美濃 導彦:
    机上物体検出を対象とした接触理由付けによる誤検出棄却,
    電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J95-D, No.12, PP.2113-2123, 2012.12 [Abstract]
  13. 橋本 敦史, 森 直幸, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 椋木 雅之, 角所 考, 美濃 導彦:
    把持の順序と外見の変化モデルを利用した調理作業における食材追跡,
    電子情報通信学会論文誌A, Vol.J94-A No.7, PP.509-518, 2011.7 [Abstract]
  14. 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 中村 和晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    TexCut: GraphCut を用いたテクスチャの比較による背景差分,
    電子情報通信学会論文誌D, Vol.J94-D No.6, PP.1007-1016, 2011.6 [Abstract]
  15. 飯山 将晃, 坂口 尚樹, 豊浦 正広, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.8, PP.1858-1867, 2010.8 [Abstract]
  16. 川西 康友, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    物体領域抽出のための画素の構造を考慮した背景画像推定,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-A, No.8, PP.1530-1538, 2010.8 [Abstract]
  17. Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Koh Kakusho, Michihiko Minoh:
    Distortion Correction for 3D Scan of Trunk Swaying Human Body Segments,
    Electronic Letters on Computer Vision and Image Analysis, Vol.7, No.4, pp.51-61, 2009.4 [Abstract] [ PDF ]
  18. 岡田 尚基, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    映像からの運動モデル獲得によるボールの未観測運動推定,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J91-D, No.12, pp.2950-2960, 2008.12 [ abstract ]
  19. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    光切断法による複数運動剛体の形状計測,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J90-D, No.8, pp.1858-1867, 2007.8 [ abstract ]
  20. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    身体動揺を考慮した人体部位の形状計測法,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D2, No.8, pp.1530-1538, 2005.8 [ abstract ]
  21. 舩冨 卓哉, 毛呂 功, 水田 忍, 美濃 導彦:
    クラスタリングを用いた人体点群データからの表面再構成,
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J87-D2, No.2, pp.649-660, 2004.2 [ abstract ]
    Takuya Funatomi, Isao Moro, Shinobu Mizuta, Michihiko Minoh:
    Surface reconstruction from point cloud of human body by clustering,
    Systems and Computers in Japan, Vol.37, No.11, pp.44-56, 2006.10 [ abstract ]

To page top

解説

  1. 角所 考, 喜住 祐紀, 加古 千草, 岡留 剛, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃:
    アンビエントインテリジェンスのためのオフィス環境内インタラクション状況の認識と選択的提示,
    システム制御情報学会誌, Vol.56, No.1, PP.8-13, 2012.1
  2. 山肩 洋子, 舩冨 卓哉, 上田 博唯, 辻 秀典, 美濃 導彦, 中内 靖, 宮脇 健三郎, 中村 裕一, 椎尾 一郎:
    小特集生活に役立つメディア処理─料理行動を科学する─ 3. 料理を作る「調理」という複雑な知的創作活動を最新の情報科学で支援する,
    電子情報通信学会誌, Vol.93, No.1, PP.39-47, 2010.1

To page top

研究発表(国際会議)

  1. Takuya Funatomi:
    Data-driven Skeleton Modeling in 6-DOF via Regression of Dual Quaternion,
    UK-Japan Frontiers of Science Symposium, 2016.11
  2. Hajime Mihara, Takuya Funatomi, Kenichiro Tanaka, Hiroyuki Kubo, Hajime Nagahara, Yasuhiro Mukaigawa:
    4D Light-field Segmentation with Spatial and Angular Consistencies,
    International Conference on Computational Photography, 2016.5
  3. Francois Johannes Louw, Masaaki Iiyama, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    Pixel-Wise Radiometric Line Scanner Calibration,
    The 14th IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2015), pp.218-221, 2015.5
  4. Yuki Hirofuji, Masaaki Iiyama, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    3D Reconstruction of Specular Objects with Occlusion: A Shape-from-Scattering Approach,
    The 12th Asian Conference on Computer Vision (ACCV2014), 2014.11
  5. Naoyuki Yasuda, Koh Kakusho, Takeshi Okadome, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama:
    Recognizing Conversation Groups in an Open Space by Estimating Placement of Lower Bodies,
    2014 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 2014.10
  6. Yoko Yamakata, Asuka Miyazawa, Atsushi Hashimoto, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    A Method for Detecting Gaze-required action while Cooking for Assisting Video Communication,
    Workshop on Smart Technology for Cooking and Eating Activities (CEA2014) in conjunction with the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2014), 2014.9
  7. Masaaki Iiyama, Shohei Miki, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    3D Acquisition of Occluded Surfaces from Scattering in Participating Media,
    International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014),p.2095-2100, 2014.8
  8. Shinsuke Mori, Hirokuni Maeta, Tetsuro Sasada, Koichiro Yoshino, Atsushi Hashimoto, Takuya Funatomi, Yoko Yamakata:
    FlowGraph2Text: Automatic Sentence Skeleton Compilation for Procedural Text Generation,
    the 8th International Natural Language Generation Conference (INLG) , 2014.6
  9. Atsushi Hashimoto, Jin Inoue, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    How Does User’s Access to Object Make HCI Smooth in Recipe Guidance?,
    6th International Conference of CCD 2014, Held as Part of HCI International 2014, PP.150-161, 2014.6
  10. Atsushi Shimada, Daisuke Degushi, Kazuaki Kondo, Takuya Funatomi:
    Can a Human be a Sensor? - Towards Real-world Information Retrieval based on Human Cloud Sensing -,
    20th Korea-Japan Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2014), 2014.2
  11. Akihiro Ono, Koh Kakusho, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama:
    Replacing a Human Hand by a Virtual Hand and Adjusting its Posture to a Virtual Object for its Manipulation in an AR Environment,
    CyberWorlds 2013, 2013.10
  12. Takuya Funatomi, Takuya Yamane, Hirotane Ouchida, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Deriving Motion Constraints in Finger Joints of Individualized Hand Model for Manipulation by Data Glove ,
    International Conference on 3D Vision (3DV2013), 2013.6
  13. Deniz Evrenci, Masaaki Iiyama, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh:
    Shape and Reflectance from Scattering in Participating Media ,
    International Conference on 3D Vision (3DV2013), 2013.6
  14. Motoharu Sonogashira, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Motion-Blur-Free Image Capturingby Exposure Splitting and Pixel-Tracking Integration ,
    IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP2013), 2013.4
  15. Hidenori Tsuji, Yoko Yamakata, Takuya Funatomi, Hiromi Hiramatsu, Shinsuke Mori:
    IwaCam: a Multimedia Processing Platform for Supporting Video-Based Cooking Communication ,
    International Conference on Future Generation Communication Technology (FGCT 2012), P.109-116, 2012.12
  16. Yuki Kizumi, Koh Kakusho, Takeshi Okadome, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama:
    Detection of social interaction from observation of daily living environments ,
    International Conference on Future Generation Communication Technology (FGCT 2012), P.162-167, 2012.12
  17. Atsushi Hashimoto, Jin Inoue, Kazuaki Nakamura, Takuya Funatomi, Mayumi Ueda, Yoko Yamakata, Michihiko Minoh:
    Recognizing Ingredients at Cutting Process by Integrating Multimodal Features ,
    The 4th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2012), 2012.11 [Best Paper Award]
  18. Takuya Funatomi, Haruna Akuzawa, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Pinhole-to-projection pyramid subtraction for reconstructing non-rigid objects from range images ,
    2012 Second Joint 3DIM/3DPVT Conference: 3D Imaging, Modeling, Processing, Visualization & Transmission (3Dimvpt2012), 2012.10
  19. Rena Kamoda, Mayumi Ueda, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Grocery Re-identificationusing Load Balance Feature on the Shelffor Monitoring Grocery Inventory ,
    Proceedings of the ECAI-Workshop on Cooking with Computers (CwC2012), 2012.8
  20. Tomohiko Fujita, Takuya Funatomi, Yoshitaka Morimura, Michiihiko Minoh:
    Privacy-aware Database System for Retrieving Facial Images ,
    Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-based System 2012, 2012.7
  21. Yoko Yamakata, Yoshiki Tsuchimoto, Atsushi Hashimoto, Takuya Funatomi, Mayumi Ueda, Michihiko Minoh:
    Cooking Ingredient Recognition Based on the Load on a Chopping Board during Cutting ,
    Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities(CEA2011) in conjunction with The IEEE International Symposium on Multimedia 2011, 2011.12
  22. Mayumi Ueda, Takuya Funatomi, Atsushi Hashimoto, Takahiro Watanabe, Michihiko Minoh :
    Developing a Real-Time System for Measuring the Consumption of Seasoning ,
    Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities(CEA2011) in conjunction with The IEEE International Symposium on Multimedia 2011, 2011.12
  23. Yuki Kizumi, Koh Kakusho, Takeshi Okadome, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama :
    Recognizing Participants in Interaction from Observation of Office Environments ,
    2011 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII) , PP.358-363, 2011.12
  24. Yang Wu, Masayuki Mukunoki, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh, Shihong Lao :
    Optimizing Mean Reciprocal Rank for Person Re-identification ,
    2nd International Workshop on Multimedia Systems for Surveillance, in conjunction with 8th IEEE International Conference on Advanced Video and Signal-Based Surveillance, 2011.8
  25. Ahmed Ayman, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh, Zanaty Elnomery:
    High Accuracy Region Growing Segmentation Technique for Magnetic Resonance and Computed Tomography Images with Weak Boundaries,
    Fifth International Conference on Intelligent Computing and Information Systems (ICICIS 2011), pp.306-312, 2011.7 [The Best Paper in "Pattern Recognition/Image Processing" session]
  26. Atsushi Hashimoto, Naoyuki Mori, Takuya Funatomi, Masayuki Mukunoki, Koh Kakusho, Michihiko Minoh:
    Tracking Food Materials with Changing Their Appearance in Food Preparing,
    The 2nd Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities(CEA2010), 2010.12
  27. Yoko Yamakata, Takuya Funatomi, Koh Kakusho, Michihiko Minoh:
    A Study of Object Naming According to the Manufacturing Processes in a Cooking Activity,
    ACM Multimedia 2009 Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA2009), P.1-8, 2009.10
  28. Yasutomo Kawanishi, Takuya Funatomi, Koh Kakusho, Michihiko Minoh:
    Background Estimation Based on Device Pixel Structures for Silhouette Extraction,
    The Ninth Asian Conference on Computer Vision (ACCV 2009), 2009.9
  29. Masahiro Toyoura, Masaaki Iiyama, Takuya Funatomi, Koh Kakusho, Michihiko Minoh :
    3D Shape Reconstruction from Incomplete Silhouettes in Multiple Frames,
    International Conference on Pattern Recognition (ICPR), TuBCT8.4, 2008.12
  30. Atsushi Hashimoto, Naoyuki Mori, Takuya Funatomi, Yoko Yamakata, Koh Kakusho, Michihiko Minoh:
    Smart Kitchen: A User Centric Cooking Support System,
    Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems, pp.848-854, 2008.6
  31. Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Koh Kakusho, Michihiko Minoh :
    Light Stripe Triangulation for Multiple of Moving Rigid Objects,
    The 6th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling (3DIM2007), p.133-140, 2007.8
  32. Michihiko Minoh, Hideto Obara, Takuya Funatomi, Masahiro Toyoura, Koh Kakusho :
    Direct Manipulation of 3D Virtual Objects by Actors for Recording Live Video Content,
    Second International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure, 2007 (ICKS 2007), p.11-18, 2007.1
  33. Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Koh Kakusho, Michihiko Minoh :
    3D Shape Reconstruction of Trunk Swaying Human Body Segments,
    Articulated Motion and Deformable Objects: 4th International Conference (AMDO 2006), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) Vol.4069 PP.100-109, 2006.7 [ abstract ]
  34. Takuya Funatomi :
    3D shape and structure modeling by measuring individual human body,
    Doctor Student Conference, Association of Pacific Rim Universities (APRU DSC2006), 2006.7

To page top

研究発表(国内)

  1. 舩冨 卓哉, 石井 雅人, 井上 中順, 金崎 朝子, 高橋 康輔, 道満 恵介, 吉岡 隆宏:
    MIRU2016若手プログラム報告,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), vol. 116, no. 411, PRMU2016-143, pp. 283-290, 2017.1
  2. 佐藤 大夢, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 高柳 亜紀, 中村 芳知, 瀬口 慎人, 松岡 均, 向川 康博:
    非平面ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察,
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol. 2017-CVIM-205, no. 36, pp. 1-5, 2017.1
  3. 梶原 武紘, 舩冨 卓哉, 巻島 美幸, 青砥 隆仁, 久保 尋之, 山田 重人, 向川 康博:
    剛体変換のブレンディングによるヒト胚の連続切片画像の非剛体位置合わせ,
    電子情報通信学会 医用画像研究会(MI), vol. 116, no. 393, MI2016-71, pp. 1-6, 2017.1
  4. 舩冨 卓哉:
    教師あり学習における良い負事例とは? ~ PRMU第二期グランドチャレンジ ~,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), vol. 116, no. 366, PRMU2016-112, pp. 9, 2016.12 [slide]
  5. 伏下 晋, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    半透明物体の散乱特性再現を目的とした液体の混合比率推定,
    画像関連学会連合会 第3回秋季合同大会, 2016.11
  6. 舩冨 卓哉:
    光線空間の記録・再生を超えて~編集や生成への取り組み,
    FIT2016 第15回情報科学技術フォーラム イベント企画 PoTS映像学事始め 第2章, 2016.9
  7. 岩口 優也, 田中 賢一郎, 青砥 隆仁, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    ToFカメラの距離計測歪みを手掛かりとした半透明物体の分類,
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol.2016-CVIM-203, no.12, pp. 1-7, 2016.9
  8. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    実数値ベクトルからの3次元剛体変換の回帰,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), OS4-01, 2016.8
  9. Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa:
    Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), OS3-01, 2016.8 [MIRU学生優秀賞]
  10. 國吉 房貴, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博, 澤田 好秀, 加藤 弓子:
    コンタクトイメージングへの高周波照明法の適用,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS3-40, 2016.8
  11. 櫛田 貴弘, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博:
    実測に基づいた散乱位相関数モデルの検証,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-67, 2016.8
  12. 加藤 弓子, 澤田 好秀, 佐藤 太一, 國吉 房貴, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    多光源撮影による初期胚のリフォーカシングと3D表示,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-27, 2016.8
  13. 櫻井 俊, 青砥 隆仁, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博:
    糖度の可視化に向けた重要波長の選択方法,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-08, 2016.8
  14. 橋本 敦史, 藤野 拓海, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    物体への接触に基づいて意図センシングを行うレシピナビゲーションシステム,
    第19回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), DS-14, 2016.8
  15. 浅田 繁伸,久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    カラーを考慮した書画の反射・透過率を同時再現するレプリカの作成,
    Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2016, 2016.6
  16. 藤村 友貴, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 美濃 導彦:
    散乱光を用いた形状計測のためのレーザー照射位置決定,
    電子情報通信学会2016年総合大会, D-12-53, 2016.3
  17. 高木 和久, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    上方に設置した深度センサを用いた人物姿勢推定の検討,
    電子情報通信学会2016年総合大会, ISS-SP-212, 2016.3
  18. 松村 優樹, 橋本 敦史, 森 信介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    経路探索に基づく映像とワークフローの対応付け,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE), vol. 115, no.495, MVE2015-60, pp.37-42, 2016.3
  19. 満上 育久, 石井 育規, 河合 紀彦, 川西 康友, 久保 尋之, 米谷 竜, 舩冨 卓哉:
    MIRU2015若手の会実施報告,
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol.2016-CVIM-200, no. 21, pp. 1-7, 2016.1
  20. 岡本 貴典, 田中 賢一郎, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    照明の発光タイミング遅延によるシーンのインパルス応答の時間高分解能化,
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol.2016-CVIM-200, no. 42, pp. 1-8, 2016.1
  21. 加藤 弓子,澤田 好秀, 國吉 房貴, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    リフォーカシングによる初期胚の自由焦点画像生成,
    電子情報通信学会 医用画像研究会(MI), vol. 115, no. 401, MI2015-102, pp. 135-139, 2016.1
  22. 石原 葵, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    4次元光線空間の生成による多重スクリーンへの投影に向けた画像調整法の検討,
    画像電子学会 ビジュアルコンピューティング研究会 ビジュアルコンピューティングワークショップ, 2015.11
  23. 石原 葵, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    画像調整法を用いた4次元光線空間生成による多重スクリーンへの個別情報提示,
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会(GCAD), Vol.2015-CG-161, No.25, pp.1-5, 2015.11
  24. 高橋 克郎, 舩冨 卓哉, 笹田 鉄郎, 森 信介:
    形状特徴辞書によるメタファーの自動生成,
    第223回自然言語処理研究会, Vol.2015-NL-223, No.14, pp.1-7, 2015.9
  25. Shigenobu Asada, Hiroyuki Kubo, Takuya Funatomi, Yasuhiro Mukaigawa:
    Measurement and Reproduction of Reflective/Transmissive Lights in Ink Brush Painting on Absorbent Paper,
    第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 2015.7
  26. 岩口尭史, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博:
    CTと2波長特徴を用いた果実内の糖度分布推定,
    第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 2015.7
  27. 三原 基, 舩冨 卓哉, 田中 賢一郎, 久保 尋之, 長原 一, 向川 康博:
    視差情報を用いたグラフカットによる4次元光線空間の領域分割,
    第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 2015.7
  28. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦, 角所 考:
    3次元剛体変換の回帰による手の骨格推定と姿勢操作,
    第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 2015.7
  29. 浅田 繁伸, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博:
    書画の質感再現を目的とした光学的レプリカの試作,
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会, Vol.2015-CG-159, No.5, 2015.7
  30. 趙 詣, 美濃 導彦, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃:
    漁獲量を二次元海象パターンから回帰するための二値特徴選択,
    電子情報通信学会 2015年総合大会, D-12-29, 2015.3
  31. 岡田 真太郎, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    視線追跡のための焦点ボケ角膜反射画像とシーン画像間での対応付け手法,
    電子情報通信学会 2015年総合大会, D-12-73, 2015.3
  32. 薗頭 元春, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    変分ベイズ法による静止画像の電子的動きぶれ補正,
    情報処理学会 第77回全国大会, 5ZG-09, 2015.3
  33. 森村 吉貴, 舩冨 卓哉, 上原 哲太郎, 美濃 導彦:
    プライバシ保護顔画像検索システムの実装評価,
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), vol. 114, no. 511, EMM2014-98, pp. 125-129, 2015.3
  34. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦, 角所 考:
    二重四元数の線形回帰を用いた多関節モデルの姿勢操作,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), vol. 114, no. 454, PRMU2014-130, pp. 93-94, 2015.2 [PRMUポスター賞]
  35. 廣藤 祐樹, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    光散乱法による鏡面反射物体の三次元形状計測,
    第17回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), 2014.7
  36. 安田 修幸, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃:
    対面コミュニケーションにおける身体配置の円形性を利用した未観測の人物位置・方向推定,
    第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 2014.5
  37. 梅澤 孝太郎, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    距離画像から復元した様々な姿勢の手形状モデルにおける非剛体変形量の評価,
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会,Vol.2014-CG-154, No.14, 2014.2
  38. 山本 拓人, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    少数の制御点により直観的操作が可能な3次元顔形状変化モデルの構築,
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会,Vol.2014-CG-154, No.16, 2014.2
  39. 近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士, 出口 大輔:
    スマートフォンを用いた混雑状況伝達におけるモダリティと情報量の影響 ~ ヒューマンクラウドセンシングに向けた予備調査2 ~,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU),Vol.113, No.431, PP.111-112, 2014.2
  40. 出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉, 島田 敬士:
    スマートフォンを用いた混雑状況調査におけるヒューマンセンサの負荷測定 ~ ヒューマンクラウドセンシングに向けた予備調査1 ~,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU),Vol.113, No.431, PP.109-110, 2014.2
  41. 島田 敬士, 出口 大輔, 近藤 一晃, 舩冨 卓哉:
    ヒューマンクラウドセンシングの提案,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU),Vol.113, No.431, PP.107-108, 2014.2
  42. 飯山 将晃, 三木 祥平, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    反射光の一次散乱光を用いた隠蔽面の形状計測 ,
    第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2103), 2013.7
  43. 作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    産業用装置の位置合わせ機能に特化した符号化開口の最適化,
    第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2103), 2013.7
  44. Motoharu Sonogashira, Takuya Funatomi, Masaaki Iiyama, Michihiko Minoh:
    Motion-Blur-Free Image Capturing by Exposure Splitting and Pixel Tracking ,
    第16回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2103), 2013.6
  45. 辻 秀典, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 森 信介:
    「ながら」遠隔コミュニケーション支援のための基盤ソフトウェアIwaCam ,
    第19回画像センシングシンポジウム(SSII2013), No.DS2-11, 2013.6
  46. 加茂田 玲奈, 上田 真由美, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    見え特徴と荷重バランス特徴を用いた冷蔵庫における食材管理手法 ,
    第19回画像センシングシンポジウム(SSII2013), No.IS1-29, 2013.6
  47. 舩冨 卓哉, 川西 康友, 美濃 導彦, 森村 吉貴, 満上 育久:
    プライバシを考慮した防犯カメラ映像処理 ,
    人工知能学会全国大会 オーガナイズドセッション「OS-06 情報の保護と中立性に配慮したデータ分析」, 2013.6
  48. 作山 努, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    産業用装置の位置合わせ機能に特化した符号化開口の最適化 ,
    情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), Vol.2013-CVIM-187 No.50 PP.1-8, 2013.5
  49. 小野 晃弘, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃:
    拡張現実感における手による仮想物体操作の位置ずれ補正 ,
    電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会(HIP), Vol.112 No.483 PP.45-50, 2013.3
  50. 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 上田 真由美, 美濃 導彦:
    調味料使用量の自動計測システムの開発および評価 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE), Vol.112 No.474 PP.75-80, 2013.3
  51. 安岡 竜太, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    カメラと荷重センサの統合による机上物体に対するハンドリング開始・終了の検出 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE), Vol.112 No.474 PP.69-74, 2013.3
  52. 喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃:
    オープンスペース内における複数人・物間の偶発的インタラクションの参与者グループ認識 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE), Vol.112 No.386 PP.45-50, 2013.3 [MVE賞]
  53. 飯山 将晃, 内海 ゆづ子, 清水 彰一, 寺林 賢司, 鳥居 秋彦, 満上 育久, 舩冨 卓哉:
    MIRU2012 若手プログラム実施報告 ,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), Vol.112 No.357 PP.61-68, 2012.12
  54. 橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    TexCutとパッチ型背景モデルの組み合わせによる机上物体検出システム ,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), 2012.8
  55. 森 信介, 舩冨 卓哉:
    レシピテキストと調理映像からの実世界理解に向けて ,
    テキストアノテーションワークショップ, 2012.8
  56. 阿久澤 陽菜, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    ワンショットスキャン法による獲得形状を利用した様々な姿勢を表現可能な手形状モデルの構築 ,
    第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012) , OS12-01, 2012.8
  57. 宮澤 飛鳥, 中村 和晃, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦:
    調理者の手と容器の位置関係を利用した「かき混ぜる」行動の認識 ,
    電子情報通信学会データ工学研究会 , Vol.112 No.75 PP.25-30 , 2012.6
  58. 山肩 洋子, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 平松 紘実, 辻 秀典, 森 信介:
    IwaCamを用いたメディア処理による遠隔コミュニケーションの支援 〜 同時調理を題材とした映像と音声の役割に関する考察 〜 ,
    電子情報通信学会データ工学研究会 , Vol.112 No.75 PP.7-12 , 2012.6
  59. 加茂田 玲奈, 上田 真由美, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    食材管理のための荷重特徴を用いた食材同定 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会(MVE), Vol.111 No.479 PP.181-186 , 2012.3
  60. 井上 仁, 中村 和晃, 舩冨 卓哉, 橋本 敦史, 上田 真由美, 山肩 洋子, 美濃 導彦:
    画像・振動音・荷重データを統合的に用いた食材認識 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会 , Vol.111 No.478 PP.37-42 , 2012.3
  61. 山根 卓也, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦 :
    データグローブのセンサデータに基づく各指節の位置・向きの推定手法の検討 ,
    電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), Vol.111, No.353, PP.77-82, 2011.12
  62. 喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 :
    レベルセット法を用いたオフィス空間内での偶発的コミュニケーションの参与者グループ認識 ,
    第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 , PP.583-588, 2011.9
  63. 加古 千草, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 :
    平面性制約に基づくカメラ画像からの注視対象領域抽出 ,
    第27回ファジィシステムシンポジウム講演論文集 , PP.543-548, 2011.9
  64. 藤田 智彦, 舩冨 卓哉, 森村 吉貴, 美濃 導彦 :
    顔画像検索システムにおける暗号鍵生成に適した顔特徴の量子化 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会 (EMM), Vol.111, No.209, PP.35-40, 2011.9
  65. 小山 亮, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦 :
    チンダル現象を用いた三次元形状及び反射特性推定 ,
    第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), No.IS3-29, 2011.7
  66. 山田 重人, 亀田 知美, 元木 環, 高橋 三紀子, 舩冨 卓哉, 水田 忍, 松田 善正, 拝師 智之, 巨瀬 勝美, 松田 哲也, 美濃 導彦, 上部 千賀子, 塩田 浩平 :
    京都コレクションを用いたヒト胚子画像データベースの構築 ,
    第116回日本解剖学会, 2011.3
  67. 土本 良樹, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 上田 真由美, 美濃 導彦 :
    調理における切断加工時の荷重特徴を用いた食材認識 ,
    電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会, Vol.110, No.456, PP.55-60,2011.3
  68. 喜住 祐紀, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃 :
    一般オフィス空間内のカメラ映像に基づく多者間インタラクション状況の認識 ,
    電子情報通信学会 2011年総合大会, No.A-16-14, 2011.3
  69. Ahmed Ayman, Takuya Funatomi, Michihiko Minoh, Zanaty Elnomery, Tomohisa Okada, Kaori Togashi, Tomoko Sakai, Shigehito Yamada:
    New Region Growing Segmentation Technique for MR Images with Weak Boundaries,
    電子情報通信学会 技術研究報告MI, Vol.110, No.MI-280, PP.71-76, 2010.11
  70. 橋本 敦史, 中村 和晃, 舩冨  卓哉, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    TexCut: GraphCutを用いたテクスチャの比較による背景差分の検討,
    電子情報通信学会 技術研究報告PRMU, Vol.110, No.296, PP.93-98, 2010.11
  71. 小山 亮, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    物体表面反射特性推定のためのチンダル現象を用いたレーザ光反射シミュレーション,
    電子情報通信学会 技術研究報告PRMU, Vol.110, No.296, PP.73-78, 2010.11
  72. 大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    姿勢事例の獲得とその補完による手の計測形状の姿勢操作,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS1-12, 2010.7
  73. 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    テクスチャと色の相補的な利用に基づく机上物体検出のための背景差分,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS2-9, 2010.7
  74. 阿久澤 陽菜, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    空間コード化法による複数姿勢で計測された三次元形状の統合,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS3-7, 2010.7
  75. 亀田 知美, 山田 重人, 元木 環, 高橋 三紀子, 舩冨 卓哉, Ayman Asaad Abdel-Rahman Ahmed, 美濃 導彦, 塩田 浩平:
    『ヒト先天異常データベース』の構築と応用,
    第50回日本先天異常学会学術集会, 2010.7
  76. 辻 秀典, 山肩 洋子, 舩冨 卓哉, 近藤 一晃, 出口 大輔, 井手 一郎, 宮脇 健三郎, 佐野 睦夫:
    料理映像コミュニケーション基盤ソフトウェアIwaCamを用いた遠隔共同料理実験,
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE, Vol.110, No.35, PP.33-34, 2010.5
  77. 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    テクスチャと色の相補的な利用に基づく調理作業中の台上物体領域抽出,
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE, Vol.110, No.35, PP.35-40, 2010.5
  78. 大内田 裕胤, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    姿勢事例の獲得とその補完による手の計測形状の姿勢操作,
    電子情報通信学会 技術研究報告PRMU, Vol.109, No.470, PP.465-470, 2010.3
  79. 高橋 康輔, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    バーチャルスタジオにおける仮想物体把持を支援する視聴覚情報の提示,
    電子情報通信学会 技術研究報告HIP, Vol.109, No.470, PP.531-536, 2010.3
  80. 阿久澤 陽菜, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 椋木 雅之, 美濃 導彦:
    空間コード化法を用いた偽形状検出に基づく複数剛体の形状計測,
    情報処理学会創立50周年記念全国大会, 3X-2, 2010.3
  81. 料理メディア研究専門委員会:
    双方向映像配信技術により遠隔地間での共食・共同調理を支援するコミュニケーションツール −基盤ソフトウェアの開発報告−,
    2009年度HCGシンポジウム, K1, 2009.12
  82. 早瀬 直之, 籔内 智浩, 角所 考, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 美濃 導彦:
    バーチャルスタジオにおける再帰性反射材を用いた演技支援情報の指向性表示,
    第14回日本バーチャルリアリティ学会大会, 3B2-2, 2009.9
  83. 飯山 将晃, 坂口 尚樹, 豊浦 正広, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存,
    画像の理解・認識シンポジウム(MIRU2009), OS13-2, 2009.7
  84. 小山 亮, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    チンダル現象を利用した物体表面の三次元位置及び法線推定,
    画像の理解・認識シンポジウム(MIRU2009), IS2-45, 2009.7
  85. 橋本 敦史, 森 直幸, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    外見の変化モデルを利用した調理中の食材追跡,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009), IS2-63, 2009.7
  86. 籔内 智浩, 舩冨 卓哉 , 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    バーチャルスタジオにおける現実物体を介した仮想物体操作,
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE, Vol.109 No.148, PP.1-6, 2009.7
  87. 大内田 裕胤, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    手形状モデルの姿勢とデータグローブのセンサ情報との対応付け,
    第53回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'09), 2009.5
  88. 井手 一郎, 尾関 基行, 辻 秀典, 舩冨 卓哉, 宮脇 健三郎, 山肩 洋子:
    料理メディアの現状と将来像〜若手研究者によるこれまでの研究会講演内容報告とパネルディスカッション〜,
    電子情報通信学会HCGシンポジウム, 2009.3
  89. 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    複数視点画像と事例画像を用いた超解像度テクスチャマッピング,
    電子情報通信学会2009年総合大会, D-12-107, 2009.3
  90. 小山 亮, テムニランラット ピッチャヤガン, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦:
    チンダル現象を利用した物体表面の三次元位置及び法線推定,
    電子情報通信学会2009年総合大会, D-12-100, 2009.3
  91. 関 亜也加, 早瀬 直之, 籔内 智浩, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦:
    バーチャルスタジオにおける現実物体を介した仮想液体操作,
    電子情報通信学会2009年総合大会, A-16-5, 2009.3
  92. 土本 良樹, 橋本 敦史, 舩冨 卓哉, 上田 真由美, 角所 考, 美濃 導彦:
    音と映像の統合による調理における切断加工開始の検出,
    電子情報通信学会2009年総合大会, A-16-3, 2009.3
  93. 橋本 敦史, 大岩 美野, 舩冨 卓哉, 上田 真由美, 角所 考, 美濃 導彦:
    調理行動モデル化のための調理観測映像へのアノテーション,
    第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2009), 2009.3
  94. 飯山 将晃, 坂口 尚樹, 豊浦 正広, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    複数視点画像からのテクスチャマッピングにおける模様の整合性の保存,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU, Vol.108, No.363, P.49-54, 2008.12
  95. 豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    複数フレームで得られる不完全なシルエット群からの三次元形状獲得,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), IS3-36, 2008.7
  96. 川西 康友, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    画素の構造を考慮した背景画像生成による物体領域抽出,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), IS3-27, 2008.7
  97. 岡田 尚基, 籔内 智浩, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    映像からのモデル獲得による球状物体の未観測運動推定,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE, Vol.107, No.554, pp.1-6, 2008.3
  98. 大岩 美野, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    調理アドバイスの適切なタイミングでの音声提示に利用可能な調理状況の選定,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE, Vol.107, No.454, p.39-44, 2008.1
  99. 森 直幸, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 角所 考, 美濃 導彦:
    調理者の手の動きを時空間制約とした調理中の食材追跡,
    電子情報通信学会技術研究報告MVE, Vol.107, No.454, p.45-50, 2008.1
  100. 豊浦 正広, 飯山 将晃, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    欠損および過抽出を含む時系列シルエットからの三次元形状獲得,
    電子情報通信学会技術研究報告PRMU, Vol.107, No.427, p.69-74, 2008.1
  101. 舩冨 卓哉, 美濃 導彦 :
    さまざまな姿勢での光切断法による三次元人体形状モデリング,
    情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), Vol.2007, No.159, p.233-249, 2007.5
  102. 早瀬 直之, 舩冨 卓哉, 角所 考, 美濃 導彦 :
    バーチャルスタジオにおける仮想物体操作の誤認識の検出手法,
    電子情報通信学会2007年総合大会, A-16-20, 2007.3
  103. 勝丸 徳浩, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 角所 考, 上田 博唯, 美濃 導彦 :
    食材追跡のためのボウルの位置及び傾き推定,
    電子情報通信学会2007年総合大会, D-12-136, 2007.3
  104. 森 直幸, 川西 康友, 舩冨 卓哉, 山肩 洋子, 角所 考, 美濃 導彦 :
    調理状況認識を目的とした食材追跡の仮説の生成,
    電子情報通信学会2007年総合大会, D-12-135, 2007.3
  105. 大島 康介, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 :
    バーチャルスタジオにおける現実物体を用いた仮想物体の直接操作,
    電子情報通信学会2006年総合大会, A-16-24, 2006.3
  106. 岡田 尚基, 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 :
    運動法則に基づいた映像からの運動モデリング,
    電子情報通信学会2006年総合大会, A-16-11, 2006.3
  107. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 :
    ステレオ計測による身体動揺の解析,
    情報科学技術フォーラム(FIT)2004, No.3-K008, pp.407-408, 2004.9
  108. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 角所 考, 美濃 導彦 :
    身体動揺を考慮した人体形状の計測,
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2004), Vol.I, pp.565-570, 2004.7
  109. 舩冨 卓哉, 毛呂 功, 飯山 将晃, 美濃 導彦 :
    クラスタリングを用いた人体点群データからの表面再構成,
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE, Vol.MVE-2002-133, pp.53-56, 2003.2
  110. 舩冨 卓哉, 飯山 将晃, 水田 忍, 美濃 導彦 :
    局所的自己交差を回避する3次元パッチモデルモーフィングの軌跡生成手法,
    情報科学技術フォーラム(FIT)2002, No.3-J42, pp.285-286, 2002.9
  111. 水田 忍, 安中 英邦, 舩冨 卓哉, 美濃 導彦 :
    軌跡を考慮した3次元メッシュモーフィングによるヒト胎児の成長表現,
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会, No.104, pp.41-46, 2001.9

To page top

特許

To page top

その他公表物

To page top

学位論文

To page top

Alumni

三次元形状計測による姿勢操作可能な手モデルの構築

To page top

チンダル現象を利用した光線追跡による物体形状計測

To page top

顔の3次元表情変化モデリング

To page top

スマートキッチン

To page top

インタラクティブ バーチャルスタジオ

To page top

その他

To page top