Demo

TMSSS Demo

Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダ

私たちは"Translucency Magnitude (TM)"と呼ぶ特徴量を定義し,これを用いて表面下散乱をモデル化することで半透明物体の写実的なレンダリングを実現するリアルタイムシェーダを開発しました.TMは物体上の任意の点への表面下散乱光の伝わりやすさを評価するように設計されたパラメータで,物体の厚みの小さい部分に透けたように見える表面下散乱光がより忠実に再現できるようになりました.本シェーダを動作させる対象デバイスとして,より計算リソースにシビアなスマートフォンなどのモバイルデバイスを想定しています.そこで実際にWebGLを用いて本手法を実装し,iPhone5Sで動作させたところ,十分にリアルタイムでのレンダリングが実行できることを確認しました.

Project Page

Awards

  • 【優秀発表賞】佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``球体ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 映像表現・芸術科学フォーラム2017, 2017/3/14.
  • 【CG-ARTS人材育成パートナー企業賞 (株式会社デジタル・フロンティア)】伏下晋, 久保尋之,舩冨卓哉,向川康博,``光学特性の異なる液体の混合による半透明物体の散乱特性再現'', 映像表現・芸術科学フォーラム2017, 2017/3/14.
  • 【MIRU学生優秀賞】akafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016/8/3.
  • 【画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRU学生優秀賞】Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', 2016/8/3.
  • 【CEDEC2015 オーディエンス賞】久保尋之,床井浩平, 向川康博, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC 2015, 2015.8
  • 【情報処理学会 2012年度 山下記念研究賞】久保 尋之, リアルタイムスキンシェーダとしての曲率に依存する反射関数の提案と実装, 2013.3.6
  • 【情報処理学会 2011年 研究会推薦博士論文】リアルな表情アニメーションの効率的な生成法に関する研究, 2012.8.30
  • 【第143回グラフィクスとCAD研究会 優秀研究発表賞】久保尋之,土橋宜典,津田順平,森島繁生, ``リアルタイムスキンシェーダとしての曲率に依存する反射関数の提案と実装'',第143回グラフィクスとCAD研究会, 2011.6.
  • 【CESA Developers Conference 2010, ポスター賞(ホスピタリティ賞)】久保尋之,土橋宜典,森島繁生, ``曲率を用いた半透明物体のリアルタイムレンダリング'', CESA Developers Conference 2010, 2010.8
  • 【SIGGRAPH2009 Student Research Competition Semi Finalist】Hiroyuki Kubo, Mai Hariu, Shuhei Wemler, Shigeo Morishima, ``Curvature-Dependent Local Illumination Approximation for Translucent Materials'', ACM SIGGRAPH2009, Posters, 2009.8
  • 【SIGGRAPH2008 Student Research Competition Semi Finalist】Hiroyuki Kubo, Yasushi Ishibashi, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Synthesizing Facial Animation using Dynamical Property of Facial Muscle'',ACM SIGGRAPH2008, Posters, 2008.8

共著者・指導学生の受賞

  • 【奨励賞】國吉房貴,``コンタクトイメージングにおける視認性向上のためのリフォーカシングと高周波照明法の統合'', 情報処理学会 CVIM研究会, 2017/3/10.
  • 【MIRU若手プログラム優秀賞】大森和斗,長村一樹,北原雅啓,サフキンパーベル,多田野司,津田香林,西諒一郎,中村優文,溝口拓也, ``スッとわかるキャリブレーション'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016/8/5.
  • 【Best Student Volunteer Award】Hajime Mihara, SIGGRAPH Asia 2015 Student Volunteer Program, 2015.11
  • 【学生奨励賞】持田恵佑, ``不均一な半透明物体の描画のためのTranslucent Shadow Mapsの拡張'', 情報処理学会 第78回全国大会, 2016.3.
  • 【映像情報メディア学会関西支部 優秀論文発表賞】三原 基, ``光線空間を用いた画素毎に独立したリフォーカシング'', 電気関係学会関西連合大会, Nov. 2014.
  • 【優秀研究発表賞】池本 祥, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 情処研報 CVIM 199, 2015.11.[賞状]
  • 【優秀論文賞】高見澤涼, ``発話中の閉口を考慮したリップシンクアニメーションの生成'', NICOGRAPH 2011 春季大会,III-5.pdf,2011.6.

Publications

総論

  • 久保尋之, 岡本翠, 向川康博, 森島 繁生, ``曲率に依存する反射関数を用いた半透明物体における法線マップ推定手法の提案'', 画像ラボ, 2017年2月号.
  • 岩尾知頼, 三間大輔, 久保尋之, 前島謙宣, 森島 繁生, ``視線計測に基づく対話時の眼球運動の分析と合成'', 画像ラボ, Vol.24, No.5, pp.32-40, 2013.
  • 森島繁生, 八木康史, 中村哲, 伊勢史郎, 向川康博, 槇原靖, 間下以大, 近藤一晃, 榎本成悟, 川本真一, 四倉達夫, 池田雄介, 前島謙宣, 久保尋之, ``新映像技術「ダイブイントゥザムービー」'', 電子情報通信学会誌 Vol.94, No.3, pp.250-268, 2011.3.

書籍

  • 久保尋之 他, ``シンギュラリティ―限界突破を目指した最先端研究―'', NAIST-IS書籍出版委員会 編, 近代科学社, 2016.2.

学術論文誌(英文)

  • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Layered Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Vol/.39, No.4, pp.746-757, Apr.2017.
  • T. Iwaguchi, T. Funatomi, H. Kubo, Y. Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Aug. 2016.
  • Bingzhi Yuan, Toru Tamaki, Takahiro Kushida, Yasuhiro Mukaigawa, Hiroyuki Kubo, Bisser Raytchev, Kazufumi Kaneda, "Optical tomography with discretized path integral", Journal of Medical Imaging, Vol. 2, No. 3, 2015.
  • [PDF] Iwao Tomoyori, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``A Visuomotor Coordination Model for Obstacle Recognition'', Journal of WSCG (Cumulative issue), Vol.21, No.1-2, pp.49--56, ISBN 978-80-86943-69-5, 2014.
  • Hiroyuki Kubo, Yoshinori Dobashi, Shigeo Morishima, ``Curvature-Dependent Reflectance Function for Interactive Rendering of Subsurface Scattering'', The International Journal of Virtual Reality, Vol.10, No.1, March, pp.45-pp.51. 2011.3.

学術論文誌(和文)

  • 石原葵,久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``多重スクリーンへの個別情報提示のための輝度勾配を考慮した4次元光線空間の生成'',画像電子学会論文誌,画像電子学会誌 ビジュアルコンピューティング論文特集号, Vol.45, No.3, pp.287-295, July 2016.
  • 浅田繁伸, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``書画の質感再現を目的とした反射率と透過率を同時に再現するレプリカの作成'', 電子情報通信学会論文誌 D, 電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J99-D,No.8,pp.747-756, Aug. 2016.
  • 岩尾知頼, 三間大輔, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``確率モデルに基づく対話時の眼球運動の分析及び合成'' 画像電子学会論文誌, Vol42,No.5,pp.661-670,2013.9.
  • 久保尋之, 土橋宜典, 森島繁生,``曲率に依存する反射関数を用いた半透明物体の高速レンダリング'', 電子情報通信学会論文誌 A, Vol.J93-A No.11, pp.708-717. 2010.11.
  • 久保尋之, 柳澤博昭, 前島謙宣, 森島繁生, ``表情筋制約モデルを用いた少ない制御点の動きからの表情合成'', 日本顔学会論文誌第6巻, pp.31-36. 2006.

招待講演

  • Kenichiro Tanaka, Yasuhiro Mukaigawa, Hiroyuki Kubo, Yasuyuki Matsushita, Yasushi Yagi, ``Recovering Transparent Shape From Time-Of-Flight Distortion'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • Hiroyuki Kubo, ``Synthesis of Realistic Appearance in Computer Graphics and Beyond'', China-Japan Student Workshop 2015, 2015.09.
  • Kenichiro Tanaka, Yasuhiro Mukaigawa, Hiroyuki Kubo, Yasuyuki Matsushita, Yasushi Yagi, ``Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-Frequency Illumination'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 2015.7.

国際会議・口頭発表・査読あり

  • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, T. Funatomi, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Material Classification using Frequency and Depth Dependent Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2017, July 2017.
  • X. Zeng, T. Iwaguchi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Estimating Parameters of Subsurface Scattering using Directional Dipole Model'', NICOGRAPH International 2017, June 2017.
  • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2016, June 2016.
  • Midori Okamoto, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa, Tadahiro Ozawa, Keisuke Mochida, Shigeo Morishima, ``Acquiring Curvature-Dependent Reflectance Function from Translucent Material'', NICOGRAPH International 2016, 2305a182.pdf, 2016.7.
  • H. Mihara, T. Funatomi, K. Tanaka, H. Kubo, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, 4D Light-field Segmentation with Spatial and Angular Consistencies, In Proceedings of IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP), pp. 54-61, 2016.5. [Project Page]
  • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', Proc. CVPR2015, June 2015.
  • B. Yuan, T. Tamaki, T. Kushida, B. Raytchev, K. Kaneda, Y. Mukaigawa, H. Kubo, ``Layered optical tomography of multiple scattering media with combined constraint optimization'', The 21st Korea-Japan joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2015), Jan. 2015.
  • Tomohito Hattori, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, Curvature-approximated Estimation of Real-time Ambient Occlusion, VISIGRAPP2012, Paper, No.57, Rome, Italy, 2012.2.24-26
  • Hiroyuki Kubo, Yoshinori Dobashi, Shigeo Morishima: Real-time and Interactive Rendering for Translucent Materials such as Human Skin. In Proceedings of HCII’11, pp.388-395. 2011.7.
  • Akinobu Maejima, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima. Realistic Facial Animation by Automatic Individual Head Modeling and Facial Muscle Adjustment. In Proceedings of HCII’11. pp.260-269. 2011.7.
  • Akinobu Maejima, Hiroto Yarimizu, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Automatic Generation of Head Models and Facial Animations Considering Personal Characteristics'', Proceedings of The 17th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2010), pp.71-78, 2010.11.
  • Akinobu Maejima, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Facial Animation Reflecting Personal Characteristics by Automatic Head Modeling and Facual Muscle Adjustment'', 10th International Symposium on Communications and Information Technologies 2010 (ISCIT2010), Special Session 10 Facial Image Processing and Kansei Engineering, WM1-1-2.pdf, 2010.10.
  • Hiroyuki Kubo, Yoshinori Dobashi, Shigeo Morishima,``Curvature-Dependent Reflectance Function for Rendering Translucent Materials'' SIGGRAPH '10 ACM SIGGRAPH 2010 Talks
  • Akinobu Maejima, Takanori Suzuki, Hiroto Yarimizu, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``An automatic individual character head modeling for instant casting'', The Ninth Asian Conference on Computer Vision (ACCV2009) Invited Workshop1: Vision Based Human Modeling and Synthesis IW1-2, 2009.9
  • Hiroyuki Kubo, Yasushi Ishibashi, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Synthesizing Facial Animation using Dynamical Property of Facial Muscle",ACM SIGGRAPh3008, Informal Forum and Poster, 2008.8

国際会議・ポスター発表・査読あり

  • Tadahiro Ozawa, Midori Okamoto, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Real-Time Rendering of Heterogeneous Translucent Materials with Dynamic Programming'', Eurographics 2016, 2016.5.
  • Keisuke Mochida, Midori Okamoto, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Real-time Rendering of Heterogeneous Translucent Objects using Voxel Number Map'', Eurographics 2016, 2016.5.
  • Kenichiro Tanaka, Yasuhiro Mukaigawa, Hiroyuki Kubo, Yasuyuki Matsushita, Yasushi Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR) 2016, Proc. CVPR2016, June 2016. [Project]
  • Hiroyuki Kubo, Kohe Tokoi, Yasuhiro Mukaigawa, ``Real-time Rendering of Subsurface Scattering according to Translucency Magnitude'', ACM SIGGRAPH 2015 Posters, 2015.8.
  • Tomoyori Iwao, Dasiuke Mima, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, and Shigeo Morishima, ``Generating Eye Movement during Conversations Using Markov Process'', ACM SIGGRAPH 2013, Poster, Anaheim, 2013.7.21-25.
  • Takahiro Kosaka, Tomohito Hattori, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Rapid and Authentic Rendering of Translucent Materials Using Depth-Maps from Multi-Viewpoint'', 5th ACM SIGGRAPH Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques in Asia(SIGGRAPH ASIA 2012), Poster, Singapore, 2012.11.28-12.1.
  • Tomoya Hara, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, and Shigeo Morishima, ``Fast-accurate 3D face model generation using a single video camera'', ICPR2012, JAPAN, IEEE, pp 1269-1272, 2012.11-15.
  • Hiroaki Ukaji, Takahiro Kosaka, Tomohito Hattori, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Acquiring Shell Texture From a Single Image for Realistic Fur Rendering'', ACM SIGGRAPH 2012, Poster.
  • Tomoyori Iwao, Daisuke Mima, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Analysis and Synthesis of Realistic Eye Movement in Face to Face Communication'', ACM SIGGRAPH 2012, Poster,
  • Tomoya Hara, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Fast-Automatic 3D Face Generation Using a Single Video Camera'', ACM SIGGRAPH 2012, Poster
  • Tomohito Hattori, Hiroyuki Kubo, Shigeo Morishima, ``Curvature Depended Local Illumination Approximation of Ambient Occlusion'', SIGGRAPH '10 ACM SIGGRAPH 2010 Posters
  • Hiroyuki Kubo, Mai Hariu, Shuhei Wemler, Shigeo Morishima, ``Curvature-Dependent Local Illumination Approximation for Translucent Materials'', ACM SIGGRAPh3009, Poster
  • Ryo Takamizawa, Takanori Suzuki, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Expressive Facial Subspace Construction from Key Face Selection'', ACM SIGGRAPh3009, Poster
  • Hiroto Yarimizu, Yasushi Ishibashi, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Muscle-based Facial Animation Considering Fat Layer Structure Captured by MRI'', ACM SIGGRAPh3009, Poster
  • Takanori Suzuki, Yasushi Ishibashi, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, 3D Facial Animation from high speed video,ACM SIGGRAPh3008, Poster, ACM SIGGRAPH 2008 Posters, 2008.8
  • Hiroyuki Kubo, Yasushi Ishibashi, Akinobu Maejima, Shigeo Morishima, ``Synthesizing Facial Animation using Dynamical Property of Facial Muscle",ACM SIGGRAPh3008, Posters, 2008.8
  • Yasushi Ishibashi, Hiroyuki Kubo, Akinobu Maejima, Demetri Terzopoulos, Shigeo Morishima, Facial Muscle Adaptation for Expression Customization, ACM SIGGRAPH 2007, San Diego, Sketches and Posters, 2007.8
  • Akane Yano, Hiroyuki Kubo, Yoshihiro Adachi, Demetri Terzopoulos, Shigeo Morishima, Variable Rate Speech Animation Synthesis, ACM SIGGRAPH 2007, San Diego, Sketches and Posters, 2007.8
  • Hiroyuki Kubo, Hiroaki Yanagisawa, Akinobu Maejima, Demetri Terzopoulos, Shigeo Morishima,"Facial Animation by the Manipulation of a Few Control Points Subject to Muscle Constraints'', ACM SIGGRAPH 2006 Research posters, 2006.8

国際会議・口答発表・査読なし

  • K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', The 11th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV), Dec. 2016.
  • Hiroyuki Kubo, ``Synthesis of Realistic Translucent Objects in Computer Graphics and Beyond'', RIEC International Symposium on Computer Graphics and Interactive Techniques: New Horizon, 2015.9.

国際会議・ポスター発表・査読なし

口頭発表・査読あり

  • 浅田繁伸,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``カラーを考慮した書画の反射・透過率を同時再現するレプリカの作成'', Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2016, 2016.6.
  • Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • 小澤禎裕,久保尋之,森島繁生,``ダイクストラ法を用いた最大寄与値の高速取得による半透明物体のリアルタイムレンダリング'',CEDEC2016,2016.8.
  • 持田恵佑,久保尋之,森島繁生,``不均一な半透明物体のリアルタイムレンダリング手法'',CEDEC2016,2016.8.
  • 岩尾知頼, 久保尋之, 前島謙宣, 森島,繁生, ``CG キャラクタのための感情と時系列性を考慮した眼球運動の分析と合成'',エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2013, 259--265, 2013.
  • 小坂昂大,前島謙宣,久保尋之,森島繁生,``自動領域分割によるブレンドシェイプのためのリアルな表情転写'',Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013,2013.6.22-23.
  • 原朋也,久保尋之,前島謙宣,森島繁生, ``Structure-from-Motionと事前知識を併用した動画像からの3次元顔モデル高速自動生成'', 第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012),OS11-02.pdf,2012.8.6-8.
  • 原朋也,久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``事前知識と Structure-from-Motion を併用した1台のビデオ画像からの 3 次元顔モデル高速自動生成手法'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012, 1.pdf, 2012.6.
  • 久保尋之,床井浩平, 向川康博, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC 2015, 2015.8
  • 宇梶弘晃, 小坂昂大,服部智仁,久保尋之,森島繁生, ``実写画像を用いたShell Texture自動生成手法'', Computer Entertainment Developers Conference 2012, 2012.8
  • 岩尾知頼,三間大輔,久保尋之,前島謙宜, 森島繁生, ``会話時のリアルな眼球運動の分析及び合成手法の提案'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012, 4.pdf, 2012.6.
  • 久保尋之,土橋宜典,津田順平,森島繁生, ``曲率に依存する反射関数を用いたリアルタイムスキンシェーダの提案'', Computer Entertainment Developers Conference 2011, 2011.8
  • 高見澤涼,矢野茜,山本達也,久保尋之,前島謙宣,森島繁生,``発話中の閉口を考慮したリップシンクアニメーションの生成'',NICOGRAPH 2011 春季大会,III-5.pdf,2011.6.
  • 鈴木孝章,久保尋之,前島謙宣,森島繁生, ``顔動画像に基づく陰影変化を伴う表情・Aニメーション生成'', 2010年NICOGRAPH春季大会 論文集, SI-2.pdf, 2010.3
  • 久保尋之, 上村周平, 石橋康, 前島謙宣, 森島繁生, ``カスタマイズにより多様な表情を生成可能なシミュレータプラグイン Phy-Ace'', 第4回デジタルコンテンツシンポジウム, 6-4, 2008.6
  • 久保尋之, 石橋康, 前島謙宣, 森島繁生, 表情筋運動モデルの過渡特性を考慮した表情アニメーション,Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2008,2008.6
  • 久保尋之, 矢野茜, 石橋康, 前島謙宣, 森島繁生, 表情筋モデルによるキャラクタ表情アニメーション, 第3回デジタルコンテンツシンポジウム, P1-5, 東京, 2007.6.

口頭発表・査読なし

  • 宮田明裕,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``X-Slitを備えた光源とカメラを用いたBRDF計測'', 情報処理学会第79回全国大会,Mar. 2017.
  • X. Zeng, T. Iwaguchi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Evaluating Inverse Rendering of Subsurface Scattering using Translucent Spherical Object'', 情処研報 CGVI 166-3, Mar. 2017.
  • 宮田明裕, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, `` X-Slitを用いた光線群サンプリングによる効率的なBRDF計測'', PoTS映像学シンポジウム, Mar. 2017.
  • 伏下晋,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``光学特性の異なる液体の混合による半透明物体の散乱特性再現'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017.
  • 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``球体ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017.
  • 櫻井俊, 青砥隆仁, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``特定用途のマルチスペクトルカメラ設計のための重要フィルタの選択'', 情処研報 CVIM 206-16, Mar. 2017.
  • 國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 澤田好秀, 加藤弓子, 向川康博, ``コンタクトイメージングにおける視認性向上のためのリフォーカシングと高周波照明法の統合'', 情処研報 CVIM 206-11, Mar. 2017.
  • 梶原武紘,舩冨卓哉,巻島美幸,青砥隆仁,久保尋之,山田重人,向川康博, ``剛体変換のブレンディングによるヒト胚の連続切片画像の非剛体位置合わせ'', 信学技報 医用画像研究会 MI2016-71, Vol. 116, No. 393, pp.1-6,Jan. 2017.
  • 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``非平面ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 情処研報 CVIM 205-36, Jan. 2017.
  • 伏下晋,久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``半透明物体の散乱特性再現を目的とした液体の混合比率推定'', 画像関連学会連合会 第3回秋季合同大会, Nov. 2016.
  • 岩口優也, 田中賢一郎, 青砥隆仁, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``ToFカメラの距離計測歪みを手掛かりとした半透明物体の分類'', 情処研報 CVIM 203-12, Sep. 2016.
  • 持田恵佑, 岡本翠, 久保尋之, 森島繁生, ``不均一な半透明物体の描画のためのTranslucent Shadow Mapsの拡張'', 情報処理学会 第78回全国大会, 2016.3.
  • 満上育久, 石井育規, 河合紀彦, 川西康友, 久保尋之, 米谷竜, 舩冨 卓哉, ``MIRU2015若手の会実施報告'', 情処研報 CVIM 200-21, Jan. 2016.
  • 岡本 貴典, 田中 賢一郎, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博, ``照明の発光タイミング遅延によるシーンのインパルス応答の時間高分解能化'', 情処研報 CVIM 200-21, Jan. 2016.
  • 加藤弓子, 澤田好秀, 國吉房貴, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``リフォーカシングによる初期胚の自由焦点画像生成'', 電子情報通信学会医用画像研究会, 信学技報, vol. 115, no. 401, MI2015-102, pp. 135-139, 2016.1.
  • 石原葵,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博,``4次元光線空間の生成による多重スクリーンへの投影に向けた画像調整法の検討'',ビジュアルコンピューティングワークショップ2015,to appear,2015.11.
  • 岡本翠,久保尋之,向川康博,森島繁生,``曲率に依存した反射関数を用いた半透明物体の照度差ステレオ法'',ビジュアルコンピューティングワークショップ2015,to appear,2015.11.
  • 小澤禎裕,岡本翠,久保尋之,森島繁生,``動的計画法を用いた半透明物体のリアルタイムレンダリング'', グラフィクスとCAD研究会 第161回研究発表会, 2015.11.
  • 持田恵佑, 岡本翠, 小澤禎裕, 久保尋之, 森島繁生,``三次元状を考慮した半透明物体のリアルタイムレンダリング'', グラフィクスとCAD研究会 第161回研究発表会, 2015.11.
  • 石原葵, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``画像調整法を用いた4次元光線空間生成による多重スクリーンへの個別情報提示'', 情処研報 CVIM 199, Nov. 2015.
  • 池本祥, 向川康博, 松下康之, 久保尋之, 八木康史, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 情処研報 CVIM 199, Nov. 2015.
  • 岡本翠, 久保尋之, 向川康博, 森島繁生, ``曲率依存反射関数を用いた半透明物体における照度差ステレオ法の改善'', 情処研報 CVIM 198, Sep. 2015.
  • 岩口尭史, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``CTと2波長特徴を用いた果実内の糖度分布推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) July, 2015.
  • 三原基, 舩冨卓哉, 田中賢一郎, 久保尋之, 長原一, 向川康博, ``視差情報を用いたグラフカットによる4次元光線空間の領域分割'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) July, 2015.
  • Shigenobu Asada, Hiroyuki Kubo, Takuya Funatomi, Yasuhiro Mukaigawa, ``Measurement and Reproduction of Reflective/Transmissive Lights in Ink Brush Painting on Absorbent Paper'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), July, 2015.
  • 浅田繁伸, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``書画の質感再現を目的とした光学的レプリカの試作'', 情処研報 GCAD 159-5, June 2015.
  • 岩口尭史,久保尋之,向川康博, ``2波長から計算される特徴量の逆投影による果実内糖度分布推定'', 情処研報 CVIM 197-28, May 2015.
  • 岡本翠, 安達翔平, 久保尋之, 向川康博, 森島繁生, ``半透明物体における曲率と透過度合の相関分析'', 情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア] 2015-CVIM-195(26), 1-6, 2015-01-15.
  • 田中賢一郎, 向川康博, 久保尋之, 松下康之, 八木康史, ``多重高周波照明による半透明物体内部のスライス可視化'', 情処研報 CVIM 195-24, Jan. 2015.
  • 岩尾知頼,三間大輔,久保尋之,前島謙宣,森島繁生,``対話時の感情を反映した眼球運動の分析及び合成'', 画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ,口頭発表,2012.11.4-5.
  • 岩尾知頼,三間大輔,久保尋之,前島謙宣,森島繁生,``実測に基づいた対話時の眼球運動の分析及び合成'', 第17回日本顔学会大会(フォーラム顔学2012),O4-3,2012.10.13-14.
  • 岩尾知頼, 三間大輔, 久保尋之, 前島謙宜, 森島繁生, ``会話時の眼球の跳躍運動と固視微動の分析及び合成手法の提案'', 信学技報, vol. 111, no. 380, MVE2011-79, pp. 239-244,1.19-1.20,2012.
  • 岩尾知頼,三間大輔,久保尋之,前島謙宜,森島繁生, ``会話時の不随意な眼球運動の分析及び合成手法の提案'', 電子情報通信学会2012年総合大会講演論文集, ISSN 1349-1377, a_15_010.pdf, 2012.3.20-3.23
  • 宇梶弘晃,小坂昂大,服部智仁,久保尋之,森島繁生,``実写画像に基づく毛皮の実時間描画手法'',電子情報通信学会2012年総合大会,電子情報通信学会 2012年総合大会講演論文集,ISSN 1349-1377, d_12_079.pdf,2012.3.20-3.23
  • 宇梶弘晃,小坂昂大,服部智仁,久保尋之,森島繁生,``実写画像に基づく毛皮の特徴抽出と実時間描画手法'', 第146回グラフィクスとCAD研究発表会.IPSJ-CG12146022.pdf.2.7-2.8,2012.
  • 久保尋之,土橋宜典,津田順平,森島繁生, ``リアルタイムスキンシェーダとしての曲率に依存する反射関数の提案と実装'',第143回グラフィクスとCAD研究会, Vol.2011-CG-143 No.2, 2011.6.
  • 鑓水裕刀,久保尋之,前島謙宣, 森島繁生, ``医用画像から得られる個人特徴を反映した顔面筋肉モデルの提案'', Visual Computing ワークショップ2010 講演要旨, 画像電子学会誌, Vol. 40, No. 1, pp.245-246 (2011).
  • 久保尋之, 土橋宜典, 森島繁生, ``影付けを考慮した半透明物体の高速描画法'', Visual Computing ワークショップ2010 講演要旨, 画像電子学会誌, Vol. 40, No. 1, pp.247 (2011).
  • 久保尋之 土橋宜典, 森島繁生, ``人肌などの半透明物体の高速描画法'', 第15回日本顔学会 フォーラム顔学2010, 口頭発表・O1-04, 顔学会論文誌, 第10巻, 第1号, pp.111, 2010.10
  • 服部智仁,久保尋之,森島繁生, ``遮蔽度の曲率近似によるアンビエントオクルージョンの局所照明モデル化'',グラフィクスとCAD研究会 第138回研究発表会, 2010.2.
  • 久保尋之, 森島繁生, ``曲率を考慮した局所照明モデルによる表面下散乱現象のレンダリング ``, Visual Computing ワークショップ2009 講演要旨, 画像電子学会誌, Vol. 39, No. 1, pp.91 (2010).
  • 鈴木孝章, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``顔動画像を用いたデータドリブンな陰影変化を伴う表情アニメーションの生成'', Visual Computing ワークショップ2009 講演要旨, 画像電子学会誌, Vol. 39, No. 1, pp.87 (2010).
  • 鑓水裕刀, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``MRI画像に基づく皮膚下の厚みを反映した顔面筋肉モデルの構築'', フォーラム顔学2009, 2009.10
  • 高見澤涼, 鈴木孝章, 久保尋之, 前島謙宜, 森島繁生, ``多様な表情を合成可能な固有顔空間の構築'', 電子情報通信学会総合大会, A-15-17, 2009.
  • 鑓水裕刀, 石橋康, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``MRIに基づく皮膚下構造を反映した顔面筋肉モデルの構築'', 電子情報通信学会総合大会, A-15-14, 2009.
  • 久保尋之, 鈴木孝章, 石橋康, 森島繁生, ``表情筋モデルを用いた動画像からの表情合成'', Visual Computing ワークショップ2008 講演要旨, 画像電子学会誌, Vol. 37, No. 6, pp.1061 (2008)
  • 久保尋之, 上村周平, 石橋康, 前島謙宣, 森島繁生, ``筋配置のカスタマイズが可能な表情生成シミュレータの提案'', フォーラム顔学2008, 口頭発表, 2008.10
  • 久保尋之, 柳澤博昭, 前島謙宣, 森島繁生, ``表情筋変形パラメータの推定による表情合成'', 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 105(682), 31-36, 2006-03-15

ポスター発表・査読あり

  • 持田恵佑,小澤禎裕,久保尋之,森島繁生, ``半透明物体のレンダリング'', CEDEC2016, 2016.8.
  • 久保尋之, 床井浩平, 向川康博, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC2015, 2015.8.
  • 岩尾知頼,三間大輔,久保尋之,前島謙宣,森島繁生, ``時系列性を考慮した感情を含んだ眼球運動の分析及び合成'',Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013,Poster,青森,2013.6.22-23.
  • 小坂昂大,服部智仁,久保尋之,森島繁生, ``モーションブラーシャドウのリアルタイム生成手法 ``, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012, 36.pdf, 2012.6
  • 三間大輔,久保尋之,前島謙宣,森島繁生, ``人の発話特性を考慮したリップシンクアニメーションの生成'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012, 44.pdf, 2012.6
  • 小坂 昂大, 久保尋之,森島繁生, ``複数視点からの深度マップを用いた半透明物体のリアルタイムレンダリング手法'', CESA Developers Conference 2011, 2011.8
  • 小坂昂大,服部智仁,久保尋之,森島繁生, ``複数視点からの深度マップ利用による半透明物質の実時間描画法'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2011, 28.pdf, 2011.6
  • 三間大輔,久保尋之, 前島謙宣,森島繁生, ``顔画像における表情変化に伴う表情皺の自動生成手法の提案'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2011, 29.pdf, 2011.6
  • 久保尋之,土橋宜典,森島繁生, ``曲率を用いた半透明物体のリアルタイムレンダリング'', CESA Developers Conference 2010, 2010.8
  • 久保尋之,土橋宜典,森島繁生, ``半透明物体の高速描画に向けた曲率に依存する反射関数の近似式'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2010, 37.pdf, 2010.6
  • 服部智仁,久保 尋之,森島 繁生, ``遮蔽度の曲率近似を用いたアンビエントオクルージョンの局所照明モデル化'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2010, 38.pdf, 2010.6
  • 鑓水裕刀,石橋康,久保尋之,前島謙宣,森島繁生, ``MRI計測から獲得される皮膚下の厚みを適用した顔面筋肉モデルの構築'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2009, 2009.6.
  • 石橋康, 久保尋之, 柳澤博昭, 前島謙宣, 森島繁生, ``表情筋モデルを用いた表情の再現と個人表情の表現'', Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2007, pp.263-268, 2007年6月

ポスター発表・査読なし

  • 櫻井 俊, 青砥 隆仁, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博, ``糖度の可視化に向けた重要波長の選択方法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • 加藤 弓子, 澤田 好秀, 佐藤 太一 , 國吉 房貴, 久保 尋之, 舩冨 卓哉, 向川 康博, ``多光源撮影による初期胚のリフォーカシングと3D表示'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • 櫛田 貴弘, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博, ``実測に基づいた散乱位相関数モデルの検証'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • 國吉 房貴, 舩冨 卓哉, 久保 尋之, 向川 康博 (奈良先端大), 澤田 好秀, 加藤 弓子, ``コンタクトイメージングへの高周波照明法の適用'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), 2016.8.
  • 櫻井俊, 櫛田貴弘, 田中賢一郎, 久保尋之, ``スペクトル光源の実現に向けた蛍光シートの作成と計測, 信学技報, vol. 115, no. 243, CPSY2015-50, pp. 35-37, 2015年10月.
  • 國吉房貴, 伊藤涼介, 秋山解, 田中賢一郎, 久保尋之, ``高速な表示切替による無断撮影行為抑止システムの開発'', 信学技報, vol. 115, no. 243, CPSY2015-52, pp. 43-44, 2015年10月.
  • 三原基,岩口尭史,田中賢一郎,久保尋之,長原一,向川康博, ``光線空間を用いた不要物体除去リフォーカシング画像の生成'', 情処研報 CVIM 195-52, Jan. 2015.
  • 櫛田貴弘, Bingzhi Yuan, 玉木徹, 向川康博, 久保尋之, Bisser Raytchev, 金田和文, ``パスサンプリングを用いた散乱トモグラフィ'', 情処研報 CVIM 195-51, Jan. 2015.
  • 三原基,浅田繁伸,石原葵,岩口尭史,岡本貴典,田中賢一郎,久保尋之, 向川康博, ``光線空間を用いた画素毎に独立したリフォーカシング'', 電気関係学会関西連合大会, Nov. 2014.
  • 高見沢涼, 矢野茜, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``話速変化に応じたリップシンクアニメーションの作成'', 第15回日本顔学会 フォーラム顔学2010, ポスター発表・P1-09, 顔学会論文誌, 第10巻, 第1号, pp.132, 2010.10
  • 鈴木孝章, 石橋康, 久保尋之, 前島謙宣, 森島繁生, ``高速度カメラを用いた3次元表情アニメーション生成'', フォーラム顔学2008

特許

  • 久保 尋之,``情報処理装置,計測システム,情報処理方法およびプログラム'', 特開2015-197744(特願2014-074568)
  • 久保 尋之,``情報処理装置、計測システム、情報処理方法およびプログラム。'', 特願2014-074568
  • 向川康博,久保尋之,``物質分布推定装置'', 特願2015-094260

産業応用

  • 曲率に依存する反射関数(CDRF)が『無双OROCHI2 Ultimate』にスキンシェーダとして採用
  • 曲率に依存する反射関数(CDRF)が『戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version』にスキンシェーダとして採用
  • 曲率に依存する反射関数(CDRF)が『真・三國無双6 猛将伝』(株式会社コーエーテクモゲームス・2011年9月発売)にスキンシェーダとして採用(2011.3)
  • 曲率に依存する反射関数(CDRF)が『真・三國無双6』(株式会社コーエーテクモゲームス・2011年3月発売)にスキンシェーダとして採用(2011.3)
  • 曲率に依存する反射関数(CDRF)が『戦国無双3 Z』(株式会社コーエーテクモゲームス・2011年2月発売)にスキンシェーダとして採用(2011.2)

アウトリーチ活動

メディア

学会活動

  • SIGGRAPH ASIA 2008 Student Volunteer Program (2008)
  • SIGGRAPH ASIA 2009 Student Internship Program Sub-committee (2009)
  • SIGGRAPH ASIA 2014 Student Volunteer Program Sub-committee (2014)
  • SIGGRAPH ASIA 2015 Student Volunteer Program Chair (2015)[Image]
  • 映像情報メディア学会 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会 運営委員(h35年度~)
  • 情報処理学会 グラフィクスとCAD研究 運営委員(h35年度~)
  • 情報処理学会 グラフィクスとCAD研究 次世代刷新ワーキンググループ 2015.4~
  • NICOGRAPH運営委員 2014.11-
  • NICOGRAPH International 2015 International Program Committee
  • NICOGRAPH International 2016 International Program Committee
  • Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム(2015 委員)
  • Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム(2016 委員)
  • MIRU2015 若手の会 運営営委員
  • 画像電子学会ビジュアルコンピューティング研究会 幹事 (2015.6-)
  • ACE2016 (Advances Computing and Entertainment2016)/EC2016(エンタテインメントコンピューティング2016)
  • 画像関連学会連合会第3回秋季大会実行副委員長, 2016
  • IEVC 2017(5th IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing) Program Comittee

その他

  • スーパーカミオカンデ修復学生ボランティア (2002)
  • 日本科学未来館 展示解説ボランティア (2003-2004)

Biography

生年月日:1983年5月31日生.
  • 2002.3 東京都立小石川高等学校 卒業
  • 2002.4 早稲田大学理工学部物理学科 入学
  • 2006.3 早稲田大学理工学部物理学科 卒業
  • 2006.4 早稲田大学大学院理工学研究科物理学及応用物理学専攻(修士課程) 入学
  • 2008.3 早稲田大学大学院理工学研究科物理学及応用物理学専攻(修士課程) 卒業
  • 2008.4 早稲田大学大学院先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻(博士後期課程) 入学
  • 2011.3 早稲田大学大学院先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻(博士後期課程) 単位取得退学
  • 2008.4-2011.3 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2011.4-2012.3 早稲田大学理工学術院 助手
  • 2012.2 博士(工学)取得(早稲田大学)
  • 2012.4- 2014.5 キヤノン株式会社
  • 2014.6- 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教
  • 2017.1- Carnegie Mellon University, Robotics Institute, Visiting Scholar

Illustrations

個人的によく使うイラストを置きます.

ライト

点光源のアイコンです.各種フォーマット用意しています.

PNG WMF AI

視点を表すアイコンです.各種フォーマット用意しています.

PNG WMF AI

カメラ

カメラのイラストです.各種フォーマット用意しています.

PNG WMF AI

レーザーポインタ

レーザーポインタのイラストです.各種フォーマット用意しています.

PNG WMF AI

極座標系

極座標系のイラストです.各種フォーマット用意しています.

PNG AI AI(outline)

Contact

〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916-5
奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科B棟611

mail: