Japanese / English
[トップ] [プロフィール] [研究内容] [論文] [プロジェクト] [研究室] [その他]
論文種別の目次
[受賞] [英語論文] [日本語論文] [国際会議(査読あり)] [国際会議(査読なし)] [国内会議(査読あり)] [国内発表(査読なし)] [招待講演] [チュートリアル等] [解説・総合論文] [会議報告] [その他出版物] [書籍] [商業誌] [学位論文] [その他の講演] [特許] [アウトリーチ] [新聞] [テレビ放送] [Web]

受賞(指導学生・共同研究者の受賞も含む)
[A39] 情報処理学会 CVIM研究会 奨励賞
國吉房貴,``コンタクトイメージングにおける視認性向上のためのリフォーカシングと高周波照明法の統合'', 2017/3/10.

[A38] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRU若手プログラム優秀賞
大森和斗,長村一樹,北原雅啓,サフキンパーベル,多田野司,津田香林,西諒一郎,中村優文,溝口拓也, ``スッとわかるキャリブレーション'', 2016/8/5.

[A37] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRUデモ発表賞
西諒一郎, 青砥隆仁, 河合紀彦, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``正対する放物面鏡を用いた狭被写界深度撮影システム'', 2016/8/4.

[A36] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRUインタラクティブ発表賞
青砥隆仁,向川康博, ``物体表面の法線方向の変化に基づく陰影変化を用いた粘弾性の可視化'', 2016/8/4.

[A35] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRU学生奨励賞
西諒一郎,``正対する放物面鏡を用いた狭被写界深度撮影'', 2016/8/3.

[A34] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) MIRU学生優秀賞
Takafumi Iwaguchi, Takuya Funatomi, Hiroyuki Kubo, Yasuhiro Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', 2016/8/3.

[A33] 優秀研究発表賞
池本祥, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会, CG-161-15, 2016/6/19. [表彰状]

[A32] Best Student Volunteer Award
Hajime Mihara, SIGGRAPH Asia 2015, 2015/11/5. [表彰状]

[A31] オーディエンス賞
久保尋之, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC2015, 2015/8/28. [楯]

[A30] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) MIRU若手の会 若手最優秀賞
青砥隆仁,井手口裕太,岩口尭史岡本翠,野沢綸佐,藤田秀,余錦澤, 第18回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2015) 若手の会,2015/7/31. [表彰状]

[A29] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) MIRU若手の会 若手優秀賞
石川涼一,佐々木善一郎,高橋康輔,武原光,田中賢一郎,中川陽介,野澤直樹,樋口未来, 第18回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2015) 若手の会,2015/7/31. [表彰状]

[A28] 映像情報メディア学会関西支部 優秀論文発表賞
三原基,``光線空間を用いた画素毎に独立したリフォーカシング'', 電気関係学会関西支部連合大会,2015/4/17. [表彰状]

[A27] CICP 最優秀賞
三原基,浅田繁伸,石原葵,岩口尭史,岡本貴典,田中賢一郎, 「写ラナイんです(余計なモノが)」, NAIST CICP (Creative and International Competitiveness Project) 2014, 2015/3/7. [表彰状]

[A26] IWRCV9 Best Poster Award
T.Matsumura, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Estimating depth of layered structure using multispectral speckle correlation'', The 9th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV9), 2014/12/7. [表彰状]

[A25] 情報処理学会 CVIM研究会 卒業論文セッション優秀賞
池本祥, ``表面下の微粒子構造を考慮した多重法線反射モデルの提案'', 2014/5/16. [表彰状]

[A24] 大阪大学 情報科学研究科賞
田中賢一郎, 2014/3/25. [表彰状]

[A23] Poster Award
Md. A. Mannan, S. Tagawa, Y. Mukaigawa, H. Nagahara, T. Tamaki, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Depth Estimation in Unknown Scattering Media by Light Transport Refocusing'', The 17th SANKEN International Symposium 2014, 2014/1/22. [表彰状]

[A22] 大阪大学総長顕彰 研究部門
向川康博,2013/8/2. [Testimonial(Jpeg)]

[A21] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013) MIRUフロンティア賞
C.Inoshita, S.Tagawa, M.A.Mannan, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Full-dimensional Sampling and Analysis of BSSRDF'', 2013/8/1. [表彰状]

[A20] 情報処理学会 CVIM研究会 卒業論文セッション優秀賞
松村隆弘,``多波長スペックル相関を用いた層構造の深さ推定'', 2013/5/31. [表彰状]

[A19] MVA Best Poster Award
Y.Ishii, T.Arai, Y.Mukaigawa, J.Tagawa, Y.Yagi, "Scattering Tomography by Monte Carlo Voting", The IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2013). 2013/5/22. [表彰状]

[A18] ICCP Honorable Mention
K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Descattering of Transmissive Observation using Parallel High-frequency Illumination", The IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP2013). 2013/4/20. [表彰状]

[A17] IWRCV Best Poster Award
T. Takatani, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, "Multiple Weighted Measurements for Decomposition of Photometric Components", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, 2013/1/5. [表彰状]

[A16] 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
向川康博,2012/8/1. [表彰状]

[A15] 大阪大学総長による表彰
向川康博,2012/5/23. [表彰状] [Memorial Autograph]

[A14] 情報処理学会 2011年度山下記念研究賞
向川康博,``反射・散乱の計測とモデル化'', 2010-CVIM-172, 2012/3/7. [表彰状]

[A13] 平成22年度 IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications Outstanding Paper Award
Y.Mukaigawa, K.Sumino, Y.Yagi, ``Rapid BRDF Measurement using an Ellipsoidal Mirror and a Projector'' 2011/6/2. [表彰状]

[A12] 情報処理学会 CVIM研究会 卒論セッション最優秀賞
高谷剛志,``多重重み付け計測による反射光と散乱光の分解'', 2011/5/20. [表彰状]

[A11] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010) MIRU優秀論文賞
向川康博,ラメシュラスカル,八木康史, ``散乱媒体中のライトトランスポートの解析'', 2010/7/28. [表彰状] [Photo1] [Photo2]

[A10] 情報処理学会 CVIM研究会 卒論セッション最優秀賞
井下智加,``ぶれ画像復元のためのリンギング検出器の提案'', 2010/5/28. [表彰状]

[A9] 第52回自動制御連合講演会 優秀発表賞
近藤一晃, ``高臨場感仮想体験のための装着型全方位撮影システム'', 2010/1/18.

[A8] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008) MIRU長尾賞
向川康博,鈴木和哉,八木康史, ``一般照明下での表面下散乱の解析'', 2008/7/30.[表彰状]

[A7] 画像センシングシンポジウム(SSII07)優秀論文賞
向川康博,角野皓平,八木康史, ``楕円鏡とプロジェクタを用いた反射特性の高速計測システム'', 2008/6/12. [Testimonial(JPEG)]

[A6] 電子情報通信学会 平成19年度 情報・システムソサイエティ活動功労賞,
向川康博,2007/11/29. [表彰状]

[A5] 情報処理学会 CVIM研究会 卒論セッション優秀賞
東はるか,``装着型全方位監視に向けて -小型センサの試作と動物体検出法の提案-'', 2007/5/15.

[A4] 岡山県仁科顕彰会 仁科賞
西山正志,``実物体の局所反射特性分布を再現可能な仮想光学環境'' 2002/3/22.

[A3] 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000) MIRU優秀ビデオ賞
西山正志, 向川康博, 尺長健, ``実3次元形状への光学パターン投影による仮想照明環境の実現'' 2000/7/19. [表彰状], [Movie(55MB)]

[A2] ISPRS1998 Young Author's Award
Y.Mukaigawa, Y.Nakamura, Y.Ohta, "Facial Animation from Several Images", International Symposium on Real-Time Imaging and Dynamic Analysis 1998, 1998/6/2. [表彰状]

[A1] 3次元画像コンファレンス'97 優秀論文賞
向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``実画像をベースとした表情を伴う3次元顔画像生成'', 1997/7/9. [表彰状]

英語論文
[E22] T. Aoto, T. Sato, Y. Mukaigawa, N. Yokoya, ``4-D Light Field Reconstruction by Irradiance Decomposition'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, 2017. (Accepted).

[E21] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Layered Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Nov. 2016. [PDF]

[E20] S. You, R. T. Tan, R. Kawakami, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, ``Adherent Raindrop: Modeling, Detection and Removal in Video'', IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Vol.38, No.9, pp.1721-1733, Sep. 2016. [PDF]

[E19] T. Iwaguchi, T. Funatomi, H. Kubo, Y. Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Aug. 2016. [PDF]

[E18] B. Yuan, T. Tamaki, T. Kushida, Y. Mukaigawa, H. Kubo, B. Raytchev, K. Kaneda, ``Optical tomography with discretized path integral'', Journal of Medical Imaging, July 2015. [PDF]

[E17] T. T. Ngo, Y. Makihara, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Similar Gait Action Recognition using an Inertial Sensor'', The Journal of the Pattern Recognition Society, Oct. 2014. [PDF]

[E16] Y. Makihara, M.R. Aqmar, T.T. Ngo, H. Nagahara, R. Sagawa, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Phase Estimation of a Single Quasi-periodic Signal'', IEEE Trans. on Signal Processing, Volume 62, Issue 8, pp.2066-2079, Apr. 2014. [PDF]

[E15] T.T. Ngo, Y. Makihara, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Orientation-Compensative Signal Registration for Owner Authentication using an Accelerometer'', IEICE Trans. on Information and Systems, Vol. E97-D, No. 3, pp. 541-553, Mar. 2014. [PDF]

[E14] T. T. Ngo, Y. Makihara, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``The Largest Inertial Sensor-based Gait Database and Performance Evaluation of Gait-based Personal Authentication'', Pattern Recognition, Volume 47, Issue 1, pp.228-237, Jan. 2014. [PDF]

[E13] C.Inoshita, S.Tagawa, M.A.Mannan, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Full-dimensional Sampling and Analysis of BSSRDF'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 5, pp.119-123, July 2013. [PDF]

[E12] K.Inose, S.Shimizu, R.Kawakami, Y.Mukaigawa, K.Ikeuchi, ``Refining Outdoor Photometric Stereo based on sky model'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 5, pp.104-108, July 2013. [PDF]

[E11] C.Inoshita, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Ringing Detector for Deblurring based on Frequency Analysis of PSF'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 3, pp.236-247, Dec. 2011. [PDF]

[E10] S.Tagawa, Y.Mukaigawa, J.Kim, R.Raskar, Y.Matsushita, Y.Yagi, ``Hemispherical Confocal Imaging'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 3, pp.222-235, Dec. 2011. [PDF]

[E9] Y.Mukaigawa, R.Raskar, Y.Yagi, ``Analysis of Scattering Light Transport in Translucent Media'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol. 3, pp.122-133, Dec. 2011. [PDF]

[E8] T.T.Ngo, Y.Kojima, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, ``Real-time Estimation of Fast Egomotion with Feature Classification using Compound Omnidirectional Vision Sensor'', IEICE Transactions on Information and Systems. Vol.E93-D, No.1, pp.152-166, Jan. 2010. [PDF]

[E7] T.T.Ngo, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, ``Highly Robust Estimator using a Case-dependent Residual Distribution Model'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol.1, pp.260-276, Nov. 2009. [PDF]

[E6] K.Kondo, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Integrability-based Free-form Mirror Design'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol.1, pp.158-173, Sep., 2009. [PDF]

[E5] Y.Mukaigawa, K.Suzuki, Y.Yagi, ``Analysis of Subsurface Scattering based on Dipole Approximation'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol.1, pp.128-138, Sep., 2009. [PDF]

[E4] Y.Makihara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "Gait Identification Considering Body Tilt by Walking Direction Changes", Electronic Letters on Computer Vision and Image Analysis, Vol.8, No.1, pp.15-26, Apr.2009. [PDF]

[E3] Y.Mukaigawa, K.Sumino, Y.Yagi, ``Rapid BRDF Measurement using an Ellipsoidal Mirror and a Projector'', IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications, Vol.1, pp.21-32, Jan.2009. (Outstanding Paper Award) [PDF]

[E2] H.Mannami, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, ``Adaptive dynamic range camera with reflective liquid crystal'', Journal of Visual Communication and Image Representation, Volume 18, Issue 5, pp. 359-365, Oct.2007. [PDF]

[E1] Y.Mukaigawa, Y.Ishii, T.Shakunaga, ``Analysis of photometric factors based on photometric linearization'', Journal of the Optical Society of America A, Vol. 24, Issue 10, pp. 3326-3334, Oct.2007. [PDF]

日本語論文
[J28] 執筆中

[J27] 投稿中

[J26] 執筆中

[J25] 執筆中

[J24] 浅田繁伸,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``書画の質感再現を目的とした反射率と透過率を同時に再現するレプリカの作成'', 電子情報通信学会論文誌 D,Vol.J99-D,No.8,pp.747-756, Aug. 2016.

[J23] 石原葵,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``多重スクリーンへの個別情報提示のための輝度勾配を考慮した4次元光線空間の生成'', 画像電子学会誌 ビジュアルコンピューティング論文特集号, Vol.45, No.3, pp.287-295, July 2016.

[J22] 青砥隆仁,佐藤智和,向川康博,武富貴史,横矢直和, ``中空透明球体を用いた近接点光源の位置推定'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J98-D, No.3, pp.534-545, Mar. 2015. [PDF]

[J21] 田中賢一郎,向川康博,八木康史, ``平行高周波照明による透視画像の散乱光除去'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J96-D, No.8, pp.1834-1843, Aug. 2013. [PDF]

[J20] 井下智加,向川康博,松下康之,八木康史, ``単一散乱の減衰に基づく半透明物体の形状推定'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J95-D, No.8, pp.1598-1608, Aug. 2012. [PDF]

[J19] 馬場葉子,向川康博,八木康史, ``散乱媒体内における物体の反射特性モデルの提案'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J95-D, No.2, pp.287-296, Feb. 2012. [PDF]

[J18] 田川聖一,向川康博,八木康史, ``複数光源の同時照明によるBRDFの高速計測'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J92-D, No.8, pp.1393-1402, Aug.2009. [PDF]

[J17] 万波秀年, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``反射型液晶を用いた適応的ダイナミックレンジカメラ'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J90-D, No.8, pp.1921-1929, Aug.2007. [PDF]

[J16] 角野皓平, 向川康博, 八木康史, ``楕円鏡を用いた双方向反射率分布関数の高速計測'', 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J90-D, No.8, pp.1930-1937, Aug.2007. [PDF]

[J15] 近藤一晃,向川康博,鈴木俊哉,八木康史, ``遠隔監視システムを用いた災害地情報収集のための非等方性全方位視覚系'', 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.12, No.2, pp.137-148, June 2007. [PDF]

[J14] 青木伸也, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``平行光を用いた反射屈折撮像系におけるミラーの位置姿勢校正'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.48, No.SIG 9 (CVIM18), pp.115-123, June 2007. [PDF]

[J13] 向川康博,柿沼孝行,大田友一, ``非平面へのパターン投影のための相互反射の補償'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.48, No.SIG1 (CVIM17), pp.98-106, Feb.2007. [PDF]

[J12] 槇原靖, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``周波数領域における方向変換モデルを用いた歩容認証'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.48, No.SIG1 (CVIM17), pp.78-87, Feb.2007. [PDF]

[J11] 万波秀年,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``透過型液晶フィルタリング方式によるカメラの広ダイナミックレンジ化'', 計測自動制御学会論文誌,Vol.41, No.12, pp.1026-1035, Dec.2005. [PDF]

[J10] 向川康博,永井悠文,大田友一, ``SpaceRelighter:パターン投影による照明環境の再現'', 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.10, No.2, pp.155-162, June 2005. [PDF], [Movie(40MB)]

[J9] 永井悠文,向川康博,大田友一, ``動的シーンに対する仮想光学パターンの投影'', 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004), 情報科学技術レターズ, Vol.3, pp.179-182, Sep.2004. [PDF]

[J8] 向川康博,石井育規,尺長健, ``画像の線形化による光学現象の解析'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア,Vol.45, No.SIG8 (CVIM9), pp.40-52, June 2004. [PDF]

[J7] 石井育規,福井孝太郎,向川康博,尺長健, ``光学現象の分類に基づく画像の線形化'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア,Vol.44, No.SIG5 (CVIM6), pp.11-21, Apr.2003. [PDF]

[J6] 向川康博,岡直人,尺長健, ``形状情報と画像情報の併用による Cast Shadowのモーフィング'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.43, No.SIG11 (CVIM5), pp.130-138, Dec.2002. [PDF]

[J5] 向川康博,西山正志,尺長健, ``スクリーン物体への光学パターン投影による仮想光学環境の実現'', 電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol.J84-D-II, No.7, pp.1448-1455, Jul.2001. [PostScript], [PDF]

[J4] 加藤丈和,向川康博,尺長健, ``安定な顔認識のための分散協調登録'', 電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol.J84-D-II, No.3, pp.500-508, Mar.2001. [PDF]

[J3] 向川康博,宮木一,三橋貞彦,尺長健, ``Photometric Image-Based Renderingによる仮想照明画像の生成'', 情報処理学会論文誌:コンピュータビジョンとイメージメディア, Vol.41, No.SIG10 (CVIM1), pp.19-30, Dec.2000. [PDF]

[J2] 向川康博,中村裕一,大田友一, ``複数の顔画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像の生成'', 電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol.J80-D-II, No.6, pp.1555-1562, Jun.1997. [PostScript], [PDF]

[J1] 向川康博,中村裕一,大田友一, ``2枚の顔写真を用いた任意方向の顔画像の生成'', 情報処理学会論文誌, Vol.37, No.4, pp.635-644, Apr.1996. [PostScript], [PDF]

国際会議(査読あり)
[C74] T. Takatani et al., ``One-shot Hyperspectral Imaging using Faced Reflectors'', Proc. CVPR2017, July 2017.

[C73] K. Tanaka et al., ``Material Classification using Frequency and Depth Dependent Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2017, July 2017.

[C72] X. Zeng, T. Iwaguchi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Estimating Parameters of Subsurface Scattering using Directional Dipole Model'', NICOGRAPH International 2017, June 2017.

[C71] R. Nishi, T. Aoto, N. Kawai,T. Sato, Y. Mukaigawa, N. Yokoya, ``Ultra-shallow DoF imaging using faced paraboloidal mirrors'', Proc. of ACCV2016, Nov. 2016. [PDF]

[C70] M. Okamoto, H. Kubo, Y. Mukaigawa, T. Ozawa, K. Mochida, S. Morishima, ``Acquiring Curvature-Dependent Reflectance Function from Translucent Material'', NICOGRAPH International 2016, July 2016.

[C69] Y. Wu, K. Akiyama, K. Kitani, L. Jeni, Y. Mukaigawa, ``Head Gesture Recognition in Spontaneous Human Conversations: A Benchmark'', Proc. The 4th Workshop on Egocentric (First-Person) Vision, in conjunction with CVPR 2016, June 2016. [PDF]

[C68] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', Proc. CVPR2016, June 2016. [PDF]

[C67] Y. Kobayashi, T. Morimoto, I. Sato, Y. Mukaigawa, T. Tomono, K. Ikeuchi, ``Reconstructing Shapes and Appearances of Thin Film Objects Using RGB Images'', Proc. CVPR2016, June 2016. [PDF]

[C66] H. Mihara, T. Funatomi, K. Tanaka, H. Kubo, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, ``4D Light-field Segmentation with Spatial and Angular Consistencies'', Proc, ICCP2016, May 2016. [PDF]

[C65] H. Kubo, K. Tokoi, Y. Mukaigawa, ``Real-time Rendering of Subsurface Scattering according to Translucency Magnitude'', ACM SIGGRAPH 2015 Posters, Article No. 87, Aug. 2015. [PDF]

[C64] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-frequency Illumination'', Proc. CVPR2015, June 2015. [PDF] [Extended Abstract]

[C63] R. Akashi, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, R. Taniguchi, ``Scattering Tomography Using Ellipsoidal Mirror'', Proc. ICCP2015, Apr. 2015.

[C62] B. Yuan, T. Tamaki, T. Kushida, B. Raytchev, K. Kaneda, Y. Mukaigawa, H. Kubo, "Layered optical tomography of multiple scattering media with combined constraint optimization", The 21st Korea-Japan joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2015), Jan. 2015. [PDF]

[C61] R. Akashi, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, R. Taniguchi, "Scattering Tomography Using Ellipsoidal Mirror", The 21st Korea-Japan joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2015), Jan. 2015. [PDF] [Poster]

[C60] T.Matsumura, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Estimating depth of layered structure based on multispectral speckle correlation", International Conference on 3D Vision (3DV2014), Dec. 2014. [PDF]

[C59] S. You, R. Tan, R. Kawakami, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, "Raindrop Detection and Removal from Long Range Trajectories", The 12th Asian Conference on Computer Vision (ACCV2014), Nov. 2014. [PDF]

[C58] Y. Kobayashi, T. Morimoto, I. Sato, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, "Reconstructing Shape and Appearance of Thin Film Objects with Hyper Spectral Sensor", The 12th Asian Conference on Computer Vision (ACCV2014), Nov. 2014. [PDF]

[C57] C.Inoshita, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Surface Normal Deconvolution: Photometric Stereo for Optically Thick Translucent Objects", European Conference on Computer Vision (ECCV2014), Sep. 2014. [PDF] [Poster]

[C56] Md. A. Mannan, S. Tagawa, T. Tamaki, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, "Light Transport Refocusing for Unknown Scattering Medium", The 22nd International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014), Aug. 2014. [PDF]

[C55] T.Tamaki, B.Yuan, B.Raytchev, K.Kaneda, Y.Mukaigawa, "Multiple-scattering Optical Tomography with Layered Material", The 9th International Conference on Signal-Image Technology and Internet-Based Systems (SITIS 2013), Dec. 2013. [PDF]

[C54] Y.Kobayashi, T.Morimoto, I.Sato,Y.Mukaigawa, K.Ikeuchi, "BRDF Estimation of the Structural Color Object by Using Hyper Spectral Image", Proc. ICCV workshop of Color and Photometry in Computer Vision (CPCV2013), Dec. 2013. [PDF]

[C53] T.Aoto, T.Sato, Y.Mukaigawa, N.Yokoya, "Linear estimation of 4-D illumination light field from diffuse reflections", Proc. IAPR Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2013), Nov. 2013.[PDF]

[C52] T.Takatani, Y.Matsushita, S.Lin, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Enhanced Photometric Stereo with Multispectral Images", Proc. IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2013), May. 2013. [PDF] [Slide]

[C51] Y.Ishii, T.Arai, Y.Mukaigawa, J.Tagawa, Y.Yagi, "Scattering Tomography by Monte Carlo Voting", Proc. IAPR International Conference on Machine Vision Applications (MVA2013), May. 2013. (Best Poster Award) [PDF] [Poster]

[C50] K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Descattering of Transmissive Observation using Parallel High-frequency Illumination", Proc. IEEE International Conference on Computational Photography (ICCP2013), Apr. 2013. (Honorable Mention) [PDF]

[C49] T. T. Ngo, Y. Makihara, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, "Inertial-sensor-based Walking Action Recognition", Proc. IAPR ICPR2012, Nov. 2012. [PDF]

[C48] T. Aoto, T. Taketomi, T. Sato, Y. Mukaigawa, N. Yokoya, "Position Estimation of Near Point Light Sources using Clear Hollow Sphere" Proc. IAPR ICPR2012, Nov. 2012. [PDF] [Poster]

[C47] S. Tagawa, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, "8-D Reflectance Field for Computational Photography", Proc. IAPR ICPR2012, Nov. 2012. [PDF]

[C46] C.Inoshita, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Shape from Single Scattering for Translucent Objects", European Conference on Computer Vision (ECCV2012), Oct. 2012. [PDF] [Poster]

[C45] K.Shiraga, T.T.Ngo, I.Mitsugami, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Gait-based Person Authentication by Wearable Cameras", The ninth International Conference on Networked Sensing Systems (INSS2012), June 2012. [PDF] [Slide]

[C44] T.T.Ngo, Y.Makihara, H.Nagahara, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Performance Evaluation of Gait Recognition using the Largest Inertial Sensor-based Gait Database", IAPR/IEEE International Conference on Biometrics (ICB2012), Apr.2012. [PDF]

[C43] T.T.Ngo, Y.Makihara, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Phase Registration in a Gallery Improving Gait Authentication", Proc. International Joint Conference on Biometrics (IJCB2011), Oct. 2011. [PDF]

[C42] S. Cuellar, J. Stenger, R. Gschwind, A. Mohan, Y. Mukaigawa, R. Raskar, K. Eremin, N. Khandekar, ``Non-invasive Color Restoration of Faded Paintings Using Light from a Digital Projector'', ICOM-CC 16th Triennial Conference in Lisbon, Sep. 2011. [PDF]

[C41] Y.Makihara, T.T.Ngo, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Phase Registration of a Single Quasi-periodic Signal", Proc. ACCV2010, pp.1965-1975, Nov. 2010. [PDF]

[C40] Y.Mukaigawa, S.Tagawa, J.Kim, R.Raskar, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Hemispherical Confocal Imaging using Turtleback Reflector", Proc. ACCV2010, pp.331-344, Nov. 2010. [PDF] [Slide]

[C39] J.Kim, D.Lanman, Y.Mukaigawa, R.Raskar, "Descattering Transmission via Angular Filtering", Proc. ECCV2010, Sep. 2010. [PDF]

[C38] Y.Mukaigawa, Y.Yagi, R.Raskar, "Analysis of Light Transport in Scattering Media", Proc. CVPR2010, June 2010. [PDF] [Slide]

[C37] K.Kondo, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Wearable Imaging System for Capturing Omnidirectional Movies from a First-person Perspective", Proc. VRST2009, Nov. 2009. [PDF]

[C36] T.T.Ngo, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, "Adaptive-Scale Robust Estimator using Distribution Model Fitting", Proc. ACCV2009, Sep. 2009. [PDF]

[C35] T.T.Ngo, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, "An Adaptive-Scale Robust Estimator for Motion Estimation", Proc. ICRA2009, May 2009. [PDF]

[C34] H.Yamada, M.Kimura, J.Ohmiya, J.Tagawa, T.N.Thanh, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Image Stabilization Algorithm for Video with Large Image Fluctuation", Proc. ICCE2009, Jan. 2009. [PDF]

[C33] Y.Mukaigawa, K.Suzuki, Y.Yagi, "Analysis of Subsurface Scattering under Generic Illumination", Proc. ICPR2008, Dec. 2008. [PDF] [Slide]

[C32] K.Kondo, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Free-Form Mirror Design Inspired by Photometric Stereo", Proc. OMNIVIS 2008, Oct. 2008. [PDF]

[C31] H.Azuma, Y.Mukaigawa, Y. Yagi, "Spatio-Temporal Lifelog Using a Wearable Compound Omnidirectional Sensor", Proc. OMNIVIS 2008, Oct. 2008. [PDF]

[C30] T.N.Thanh, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, "Robust and Real-time Egomotion Estimation using a Compound Omnidirectional Sensor", Proc. ICRA2008, May, 2008. [PDF]

[C29] Y.Mukaigawa, K.Sumino, Y.Yagi, "Multiplexed Illumination for Measuring BRDF using an Ellipsoidal Mirror and a Projector", Proc. of Asian Conference on Computer Vision (ACCV2007), LNCS-4844, pp.246-257, Nov. 2007. [PDF] [Slide]

[C28] J.Cui, Y.Yagi, H.Zha, Y.Mukaigawa, K.Kondo, "Synchronized Ego-motion Recovery of Two Face-to-face Cameras", Proc. of Asian Conference on Computer Vision (ACCV2007), LNCS-4843, pp.544-554, Nov. 2007. [PDF]

[C27] H.Mannami, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "High Dynamic Range Camera using Reflective Liquid Crystal", Proc. of International Conference on Computer Vision (ICCV2007), Oct.2007. [PDF]

[C26] Y.Mukaigawa, K.Sumino, Y.Yagi, "High-Speed Measurement of BRDF using an Ellipsoidal Mirror and Projector", Proc. IEEE International Workshop on Projector-Camera Systems (PROCAMS2007), June 2007. [PDF]

[C25] T.N.Thanh, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, "Robust and Real-time Rotation Estimation of Compound Omnidirectional sensor", Proc. ICRA2007, Apr.2007. [PDF]

[C24] R.Sagawa, N.Aoki, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "Mirror Localization for Catadioptric Imaging System by Projecting Parallel Lights", Proc. ICRA2007, Apr.2007. [PDF]

[C23] Y.Mukaigawa, T.Kakinuma, Y.Ohta, "Analytical Compensation of Inter-reflection for Pattern Projection", Proc. ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2006), pp.265-268, Nov.2006. [PDF]

[C22] K.Kondo, Y.Mukaigawa, T.Suzuki, Y.Yagi, "Evaluation of HBP mirror system for remote surveillance", Proc. IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2006), Oct.2006. [PDF]

[C21] Y.Makihara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "Adaptation to Walking Direction Changes for Gait Identification", Proc. International Conference on Pattern Recognition (ICPR2006), Aug.2006. [PDF]

[C20] Y.Makihara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "Which Reference View is Effective for Gait Identification Using a View Transformation Model?", Proc. IEEE Computer Society Workshop on Biometrics, June 2006. [PDF]

[C19] Y.Mukaigawa, T.Kakinuma, Y.Ohta, "A Fast Compensation Method of Inter-reflection for Pattern Projection onto a Non-planar Surface", Proc. IEEE International Workshop on Projector-Camera Systems (PROCAMS2006), pp.9-10, June 2006. [PDF], [Poster]

[C18] Y.Makihara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, T.Echigo, Y.Yagi, "Gait Recognition using View Transformation Model in Frequency Domain", Proc. European Conference on Computer Vision (ECCV2006), May 2006. [PDF]

[C17] Y.Mukaigawa, Y.Ishii, T.Shakunaga, "Classification of Photometric Factors Based on Photometric Linearization", Proc. of Asian Conference on Computer Vision (ACCV2006), Vol.2, pp.613-622, Jan.2006. [PDF], [Poster]

[C16] Y.Kamon, R.Yamane, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Coordination of Appearance and Motion Data for Virtual View Generation of Traditional Dances", Proc. Fifth International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling (3DIM2005), pp.118-125, June 2005. [PDF]

[C15] B.Hicham, Y.Kameda, Y.Mukaigawa, Y.Ohta, "Probabilistic Framework for Intelligent Filming by Switching Temporarily Locked Pan-Tilt Cameras", Proc. of IAPR Workshop on Machine Vision Applications (MVA2005), pp.108-111, May 2005. [PDF]

[C14] T.Koyama, Y.Mukaigawa, Y.Kameda, Y.Ohta, "Real-Time Transmission of 3D Video to Multiple Users via Network", Proc. of IAPR Workshop on Machine Vision Applications (MVA2005), pp.328-331, May 2005. [PDF]

[C13] Y.Mukaigawa, H.Nagai, Y.Ohta, "SpaceRelighter -Recording and Reproducing Illumination in a Real Scene-", Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM2004), pp.109-118, Nov. 2004. [PDF], [Movie(40MB)]

[C12] Y.Mukaigawa, M.Nishiyama, T.Shakunaga, "Virtual Photometric Environment using Projector", Proc. International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM2004), pp.544-553, Nov. 2004. [PDF]

[C11] Y.Kameda, T.Koyama, Y.Mukaigawa, F.Yoshikawa, Y.Ohta, "Free Viewpoint Browsing of Live Soccer Games", IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME2004), July 2004. [PDF]

[C10] Y.Mukaigawa, D.Genda, R.Yamane, T.Shakunaga, "Color Blending based on Viewpoint and Surface Normal for Generating Images from Any Viewpoint using Multiple Cameras", Proc. IEEE Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI2003), pp.95-100, July 2003. [PDF]

[C9] Y.Mukaigawa, H.Miyaki, S.Mihashi, T.Shakunaga, "Photometric Image-Based Rendering for Image Generation in Arbitrary Illumination", Proc. of International Conference on Computer Vision (ICCV2001), Vol.II, pp.652-659, Jul.2001. [PostScript], [PDF]

[C8] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Cooperative Distributed Tracking for Effective Face Registration", Proc. of IAPR Workshop on Machine Vision Applications (MVA2000), pp.353-358, Nov.2000. [PostScript], [PDF]

[C7] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Cooperative Distributed Registration for Face Recognition in Natural Environments", Proc. of Asian Conference on Computer Vision (ACCV2000), pp.729-735, Jan.2000. [PostScript], [PDF]

[C6] Y.Mukaigawa, S.Mihashi, T.Shakunaga, "Photometric Image-Based Rendering for Virtual Lighting Image Synthesis", Proc. of Second IEEE and ACM International Workshop on Augmented Reality (IWAR'99), pp.115-124, Oct.1999. [PostScript], [PDF]

[C5] Y.Mukaigawa, Y.Nakamura, Y.Ohta, "Facial Animation from Several Images", Proc. of International Symposium on Real-Time Imaging and Dynamic Analysis (ISPRS'98), Vol.XXXII, Part 5, pp.906-911, Jun.1998. (Young Author's Award) [PostScript], [PDF], [Movie(34MB)]

[C4] L.Gao, Y.Mukaigawa, Y.Ohta, "Synthesis of Facial Images with Lip Motion from Several Real Views", Proc. of Third International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition (FG'98), pp.181-186, Apr.1998. [PostScript], [PDF]

[C3] Y.Mukaigawa, Y.Nakamura, Y.Ohta, "Face Synthesis with Arbitrary Pose and Expression from Several Images - An integration of Image-based and Model-based Approach -", Proc. of Asian Conference on Computer Vision (ACCV'98), Vol.1, pp.680-687, Jan.1998. [PostScript], [PDF]

[C2] Y.Mukaigawa, Y.Ohta, "Description of eye figure with small parameters", Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP'96), Vol.3, pp.503-506, Sep.1996. [PostScript] [PDF]

[C1] Y.Mukaigawa, Y.Nakamura, Y.Ohta, "Synthesis of Arbitrarily Oriented Face Views from Two Images", Proc. Asian Conference on Computer Vision (ACCV'95), Vol.3, pp.718-722, Dec.1995. [PostScript]

国際会議(査読なし)
[G43] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Transparent Shape from Time-of-Flight Distortion'', The 11th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV), Dec. 2016.

[G42] T. Iwaguchi, ``Measureing Sugar Content Distribution in Fruits by Spectral Analysis'', China-Japan Student Workshop 2015, Sep. 2015.

[G41] Y. Kobayashi, T. Morimoto, I. Sato, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, ``Acquiring Appearance of Thin Film Object Using Hyper Spectral Sensor'', International Conference on Advanced Imaging (ICAI2015), T305-03, June 2015.

[G40] Y. Kobayashi, T. Morimoto, I. Sato, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, ``Shape and Color Estimation of Thin Film Objects Using Hyper Spectral Images'', The 9th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV9), Dec. 2014.

[G39] C. Inoshita, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Photometric Stereo for Translucent Objects by Surface Normal Deconvolution'', The 9th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV9), Dec. 2014.

[G38] T. Matsumura, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Estimating depth of layered structure using multispectral speckle correlation'', The 9th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV9), Dec. 2014. (Best Poster Award)

[G37] C. Inoshita, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Photometric Stereo for Translucent Objects using Surface Normal Deconvolution'', The 18th SANKEN International Symposium, Dec. 2014.

[G36] Y.Kobayashi, T.Morimoto, I.Sato, Y.Mukaigawa, K.Ikeuchi, ``Hyper Spectrum Image based BRDF Estimation of Thin Film Interference'', The 8th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV2014), Jan. 2014.

[G35] C.Inoshita, S.Tagawa, Md. A. Mannan, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Measurement and analysis of full-dimensional BSSRDF'', The 8th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV2014), Jan. 2014.

[G34] K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, ``Descattering Transmissive Images of Living Body using Parallel High Frequency Illumination'', The 8th International Workshop on Robust Computer Vision, (IWRCV2014), Jan. 2014.

[G33] Y.Ishii, T.Arai, Y.Mukaigawa, J.Tagawa, Y.Yagi, "Scattering Tomography by Monte Carlo Voting", The 8th International Workshop on Robust Computer Vision (IWRCV2014), Jan. 2014.

[G32] Md. A. Mannan, S. Tagawa, Y. Mukaigawa, H. Nagahara, T. Tamaki, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Depth Estimation in Unknown Scattering Media by Light Transport Refocusing'', The 17th SANKEN International Symposium 2014, Jan. 2014.

[G31] Y.Mukaigawa, K.Tanaka, Y.Matsushita, Y.Yagi, "NIR Parallel High-frequency Illumination for Descattering", Project meeting of G3 alliance, Oct. 2013.

[G30] K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, "Descattering of Transmissive Image using Parallel High-frequency Illumination", A Joint Workshop of Osaka-Univ. and Peking-Univ. Groups, Mar. 2013.

[G29] C. Inoshita, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, "Shape Estimation based on Attenuation of Single Scattering for Translucent Objects", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G28] S. Tagawa, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, "Computation of 8-D Reflectance Field for Imaging", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G27] T. Morimoto, R. T. Tan, R. Kawakami, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, "Accuracy of the Spider model and its Applications" The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G26] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, "Sharpening Transmissive Images using Parallel High-frequency Illumination", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G25] N. T. Trung, Y. Makihara, H. Nagahara, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, "Similar Gait-Activity Recognition using an Accelerometer", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G24] T. Takatani, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, "Multiple Weighted Measurements for Decomposition of Photometric Components" The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013. (Best Poster Award)

[G23] Y. Kobayashi, T. Morimoto, I. Sato, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, "Image based BRDF Estimation of Thin Film Interference", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G22] K. Inose, R. Kawakami, Y. Mukaigawa, K. Ikeuchi, "An application of geometric and photometric stereo under a light source with straight motion", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G21] K. Shiraga, N. T. Trung, I. Mitsugami, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, "Vision-based Wearable Surveillance Systems", The 7th International Workshop on Robust Computer Vision, Jan. 2013.

[G20] N. T. Trung, Y. Makihara, H. Nagahara, R. Sagawa, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Phase Registration in a Gallery Improving Gait Authentication '', The 15th SANKEN International Symposium, Jan. 2012.

[G19] T. Mashita, Y. Mukaigawa, Y. Yagi, ``Measuring and Modeling of Multi-layered Subsurface Scattering for Human Skin'', HCI International 2011, Organized Session, July 2011.

[G18] K. Kondo, Y. Mukaigawa, Y. Ikeda, S. Enomoto, S. Ise, S. Nakamura, Y. Yagi, ``Providing Immersive Virtual Experience with First-person Perspective Omnidirectional Movies and Three Dimensional Sound Field'', HCI International 2011, Organized Session, July 2011.

[G17] S.Tagawa, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Hemispherical Confocal Imaging using Turtleback Reflector", A Joint Workshop between Osaka-Univ. and Peking-Univ. Groups, Mar. 2011.

[G16] Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Analysis of Light Transport in Scattering Media", A Joint Workshop between Osaka-Univ. and Peking-Univ. Groups, Mar. 2011.

[G15] Y.Mukaigawa, S.Tagawa, Y.Yagi, "Hemispherical Confocal Imaging using Turtleback Reflector", 14th Sanken International Symposium, Jan. 2011.

[G14] Y.Mukaigawa, "Hemispherical Confocal Imaging using Turtleback Reflector", International Workshop on Robust Computer Vision, Dec. 2010.

[G13] Y.Mukaigawa, ``Image-based Analysis and Modeling of Subsurface Scattering'', Japan-Taiwan Academic Forum 2010, May 2010.

[G12] Y.Mukaigawa, ``Light Transport in Scattering Media'', First Joint Workshop on Computer Vision of Ikeuchi Lab and Yagi Lab, Apr.2010.

[G11] Jaewon Kim, Douglas Lanman, Yasuhiro Mukaigawa, Ramesh Raskar, ``Descattering Transmission by Angular Filtering'', Poster presentation in ICCP2010, Mar. 2010.

[G10] Y.Mukaigawa, K.Suzuki, Y.Yagi, "Analysis of Subsurface Scattering under Generic Illumination", 12th Sanken International Symposium, Feb. 2009.

[G9] Y.Mukaigawa, K.Suzuki, Y.Yagi, "Analysis of Subsurface Scattering under Generic Illumination", MIRU International Workshop on Computer Vision 2008, July 2008. [Poster]

[G8] K.Kondo, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, "Free-form Mirror Designing based on Integrability of its Gradient Field", MIRU International Workshop on Computer Vision 2008, July 2008.

[G7] Y.Mukaigawa, K.Sumino, Y.Yagi, "BRDF Measuring System using an Ellipsoidal Mirror and a Projector", 11th Sanken International Symposium, Feb. 2008. [Poster]

[G6] Y.Mukaigawa, M.Nishiyama, T.Shakunaga, "Realization of Virtual Photometric Environment by Photometric Pattern Projection", Proc. IEEE International Symposium on Computational Intelligence in Robotics and Automation (CIRA2003), pp.435-440, July 2003. [PDF]

[G5] T.Shakunaga, Y.Mukaigawa, D.Genda, M.Nishiyama, H.Arimitsu, "Digital Archives and Virtual Exhibitions of Tangible and Intangible Cultural Heritages", Proc. CREST Ikeuchi Project Symposium, May.2003.

[G4] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Cooperative Distributed Registration for Robust Face Recognition", Systems and Computers in Japan, Vol.33, No.14, pp.91-100, Dec.2002. (Translation of Japanese paper [J4])

[G3] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Cooperative Distributed Face Registration and Recognition in Natural Environment", Proc. of Fourth International Workshop on Cooperative Distributed Vision, pp.205-250, Mar.2001.

[G2] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, "Real Environment Testbed for Cooperative Distributed Face Registration", Proc. of Third International Workshop on Cooperative Distributed Vision, pp.83-109, Nov.1999.

[G1] T.Shakunaga, Y.Mukaigawa, T.Kato, S.Oki, "Person Tracking, Registration and Recognition by Cooperative Distributed Vision", Proc. of Second International Workshop on Cooperative Distributed Vision, pp.169-186, Nov.1998.

国内会議(査読あり)
[D38] 西諒一郎, 青砥隆仁, 河合紀彦, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``正対する放物面鏡を用いた狭被写界深度撮影'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), OS4-02, Aug. 2016.

[D37] T. Iwaguchi, T. Funatomi, H. Kubo, Y. Mukaigawa, ``Light Path Alignment for Computed Tomography of Scattering Material'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), OS3-01, Aug. 2016. [PDF]

[D36] 浅田繁伸,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``カラーを考慮した書画の反射・透過率を同時再現するレプリカの作成'', Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム 2016, June 2016.

[D35] C.Inoshita, S.Tagawa, M.A.Mannan, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Full-dimensional Sampling and Analysis of BSSRDF'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), OS1-2, Aug. 2013. [PDF]

[D34] 猪瀬健二,清水翔太,川上玲,向川康博,池内克史, ``スカイモデルに基づく屋外照度差ステレオの高精度化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), OS1-3, Aug. 2013. [PDF]

[D33] 田中賢一郎,向川康博,八木康史, ``平行高周波照明による透視画像の鮮明化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), OS10-02, Aug. 2012. [PDF]

[D32] 井下智加,向川康博,八木康史, ``単一散乱強度に基づく半透明物体の形状と散乱特性の同時推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), OS10-01, Aug. 2012. [PDF]

[D31] 青砥隆仁,武富貴史,佐藤智和,向川康博,横矢直和, ``中空透明球体上の鏡面反射光を用いた近接点光源位置の推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), OS7-01, Aug. 2012. [PDF]

[D30] 高谷剛志,向川康博,松下康之,八木康史, ``多重重み付け計測による反射・散乱光の分解'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), IS3-25, Jul.2011. [PDF]

[D29] 井下智加,向川康博,松下康之,八木康史, ``単一散乱からの半透明物体の形状推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), OS4-4, Jul.2011. [PDF]

[D28] 馬場葉子,向川康博,八木康史, ``化粧と肌の2層構造からなる化粧肌反射特性モデル'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), Jul.2010. [PDF]

[D27] 井下智加,向川康博,八木康史, ``ぶれ画像復元のためのリンギング検出器'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), Jul.2010. [PDF]

[D26] 田川聖一,向川康博,金宰完,ラメシュラスカル,松下康之,八木康史, ``亀甲多面鏡を用いた半球状共焦点撮影'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), Jul.2010. [PDF]

[D25] 向川康博,ラメシュラスカル,八木康史, ``散乱媒体中のライトトランスポートの解析'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), Jul.2010. 【優秀論文賞】 [PDF] [Slide] [Poster]

[D24] 近藤一晃,向川康博,八木康史, ``主観視点全方位映像撮影のための装着型システムの開発'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), pp.1656-1661, Jul.2008. [PDF]

[D23] 田川聖一,向川康博,八木康史, ``複数光源の同時照明によるBRDFの高速計測'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), pp.745-752, Jul.2008. [PDF]

[D22] 向川康博,鈴木和哉,八木康史, ``一般照明下での表面下散乱の解析'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), pp.63-70, Jul.2008. 【MIRU長尾賞】 [PDF]

[D21] 近藤一晃,向川康博,八木康史, ``表面勾配の可積分性を考慮した自由形状ミラー設計法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2008), pp.42-49, Jul.2008. 【優秀論文セッション】 [PDF]

[D20] 向川康博,田川聖一,八木康史, ``複数光源の同時照明による反射特性の高速計測'', 第14回 画像センシングシンポジウム SSII08, June 2008. [PDF] [Poster]

[D19] 向川康博,角野皓平,八木康史, ``楕円鏡とプロジェクタを用いたBRDF計測のための照明の多重化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp.295-301, Jul.2007. [PDF]

[D18] 東はるか,向川康博,八木康史, ``装着型全方位監視に向けた複眼全方位センサによる動物体検出'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), pp.1111-1116, Jul.2007. [PDF]

[D17] 槇原靖,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``方向変化に伴う体の傾きを考慮した歩容認証'', 第13回 画像センシングシンポジウム SSII07, June 2007. 【注目発表】 [PDF]

[D16] 向川康博,角野皓平,八木康史, ``楕円鏡とプロジェクタを用いた反射特性の高速計測システム'', 第13回 画像センシングシンポジウム SSII07, June 2007. 【優秀論文賞】 [PDF]

[D15] 槇原靖, 野口裕之, 向川康博, 八木康史, ``日照変化を考慮した屋外シーンの分光反射率推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.752-757, Jul.2006. [PDF]

[D14] 向川康博, 西岡潔郁, 八木康史, ``複眼全方位センサを用いた装着型防犯アラームの開発'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.722-727, Jul.2006. [PDF]

[D13] 近藤一晃, 向川康博, 鈴木俊哉, 八木康史, ``遠隔操縦探索における非等方性全方位視覚の性能評価'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.424-429, Jul.2006. [PDF]

[D12] 万波秀年, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``反射型液晶を用いた適応的ダイナミックレンジカメラの提案'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.412-417, Jul.2006. [PDF]

[D11] 角野皓平, 向川康博, 八木康史, ``楕円鏡を用いた双方向反射率分布関数の高速計測'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.261-268, Jul.2006. [PDF]

[D10] 槇原靖, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``周波数領域に拡張した方向変換モデルによる歩容認証'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), pp.168-173, Jul.2006. [PDF]

[D9] 野口裕之,向川康博,越後富夫,八木康史, ``ルートパノラマ作成のための線分検出'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp.1554-1559, Jul.2005. [PDF]

[D8] 金成幸司, 向川康博, 大田友一, ``SpaceRelighter: プロジェクタを用いた実照明環境再現システムにおける動的な影の除去'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp.1517-1522, Jul.2005. [PDF]

[D7] 古山孝好,向川康博,亀田能成,大田友一, ``屋外大規模空間における自由視点映像生成のための選手領域抽出法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp.1412-1419, Jul.2005. [PDF]

[D6] 万波秀年,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``透過型液晶フィルタリング方式によるカメラの広ダイナミックレンジ化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp.1208-1215, Jul.2005. [PDF]

[D5] Hicham Bouchnaif, Yoshinari Kameda, Yasuhiro Mukaigawa, Yuichi Ohta, ``Close-up Imaging of a Moving Object by Cooperative Multiple Pan-Tilt Cameras'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005), pp.441-446, Jul.2005. [PDF]

[D4] 石井育規,福井孝太郎,向川康博,尺長健, ``光学現象の分類基準を利用した画像の線形化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002), Vol.II, pp.167-176,Aug.2002. 【優秀論文セッション】 [PostScript], [PDF]

[D3] 西山正志, 向川康博, 尺長健, ``実3次元形状への光学パターン投影による仮想照明環境の実現'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2000), Vol.1, pp.451-456, Jul.2000. 【優秀ビデオ賞】 [PostScript] [Movie(55MB)]

[D2] 加藤丈和, 向川康博, 尺長健, ``分散協調視覚による顔画像の効果的な登録'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2000), Vol.1, pp.445-450, Jul.2000. [PostScript]

[D1] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``複数の顔画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像の生成'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU'96), Vol.1, pp.25-30, Jul.1996. [PostScript]

国内発表(査読なし)
[K143] 宮田明裕,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``X-Slitを備えた光源とカメラを用いたBRDF計測'', 情報処理学会第79回全国大会,Mar. 2017.

[K142] X. Zeng, T. Iwaguchi, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Evaluating Inverse Rendering of Subsurface Scattering using Translucent Spherical Object'', 情処研報 CGVI 166-3, Mar. 2017.

[K141] 宮田明裕, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, `` X-Slitを用いた光線群サンプリングによる効率的なBRDF計測'', PoTS映像学シンポジウム, Mar. 2017. [PDF]

[K140] 伏下晋,久保尋之,舩冨卓哉,向川康博, ``光学特性の異なる液体の混合による半透明物体の散乱特性再現'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017.

[K139] 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``球体ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 芸術科学会 映像表現・芸術科学フォーラム2017, Mar. 2017.

[K138] 櫻井俊, 青砥隆仁, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``特定用途のマルチスペクトルカメラ設計のための重要フィルタの選択'', 情処研報 CVIM 206-16, Mar. 2017. [PDF]

[K137] 青砥隆仁, 向川康博, ``超音波振動による物体表面の法線方向の変化を利用した粘弾性の推定'', 情処研報 CVIM 206-12, Mar. 2017. [PDF]

[K136] 國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 澤田好秀, 加藤弓子, 向川康博, ``コンタクトイメージングにおける視認性向上のためのリフォーカシングと高周波照明法の統合'', 情処研報 CVIM 206-11, Mar. 2017. [PDF]

[K134] 西川雅清,澤田好秀,加藤弓子,向川康博, ``細胞分裂タイミングを使った胚の状態推定'', 信学技報 医用画像研究会 MI2016-116, Vol. 116, No. 393, pp.177-182, Jan. 2017.

[K133] 梶原武紘,舩冨卓哉,巻島美幸,青砥隆仁,久保尋之,山田重人,向川康博, ``剛体変換のブレンディングによるヒト胚の連続切片画像の非剛体位置合わせ'', 信学技報 医用画像研究会 MI2016-71, Vol. 116, No. 393, pp.1-6,Jan. 2017. [PDF]

[K132] 佐藤大夢,久保尋之,舩冨卓哉,高柳亜紀,中村芳知,瀬口慎人,松岡均,向川康博, ``非平面ディスプレイのための浮遊感表現に関する考察'', 情処研報 CVIM 205-36, Jan. 2017. [PDF]

[K131] 伏下晋,久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``半透明物体の散乱特性再現を目的とした液体の混合比率推定'', 画像関連学会連合会 第3回秋季合同大会, Nov. 2016. [PDF]

[K130] 小林由枝, 森本哲郎, 佐藤いまり, 向川康博, 友野孝夫, 池内克史, ``RGB画像を用いた薄膜物体の形状と色彩の推定'', Optics & Photonics Japan (OPJ) 2016, Oct. 2016. [PDF]

[K129] 岩口優也, 田中賢一郎, 青砥隆仁, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``ToFカメラの距離計測歪みを手掛かりとした半透明物体の分類'', 情処研報 CVIM 203-12, Sep. 2016. [PDF]

[K128] 國吉房貴, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, 澤田好秀, 加藤弓子, ``コンタクトイメージングへの高周波照明法の適用'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS3-40, Aug. 2016.

[K127] 櫛田貴弘, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``実測に基づいた散乱位相関数モデルの検証'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-67, Aug. 2016.

[K126] 加藤弓子, 澤田好秀, 佐藤太一, 國吉房貴, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``多光源撮影による初期胚のリフォーカシングと3D表示'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-27, Aug. 2016.

[K125] 青砥隆仁, 向川康博, ``物体表面の法線方向の変化に基づく陰影変化を用いた粘弾性の可視化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-12, Aug. 2016.

[K124] 櫻井俊, 青砥隆仁, 舩冨卓哉, 久保尋之, 向川康博, ``糖度の可視化に向けた重要波長の選択方法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), PS2-08, Aug. 2016.

[K123] 青砥隆仁,佐藤智和,向川康博,横矢直和, ``近接光源を対象とした照明環境の推定に関する研究'', 情処研報 CVIM 202-42, May 2016.

[K122] 小林由枝,森本哲郎,佐藤いまり,向川康博,友野孝夫,池内克史, ``Shapes and Appearances Reconstructions of Thin Film Objects'', 情処研報 CVIM 202-41, May 2016.

[K121] 加藤弓子, 澤田好秀, 國吉房貴, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``リフォーカシングによる初期胚の自由焦点画像生成'', 信学技報 医用画像研究会(MI),No.30, Jan.2016. [PDF]

[K120] X. Zeng, Y. Mukaigawa, N. Chiba, ``Shadow Elimination for Constructing Virtual Environments'', 情処研報 CVIM 200-39, Jan. 2016.

[K119] 岡本貴典, 田中賢一郎, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``照明の発光タイミング遅延によるシーンのインパルス応答の時間高分解能化'', p情処研報 CVIM 200-21, Jan. 2016. [PDF]

[K118] 石原葵, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``4次元光線空間の生成による多重スクリーンへの投影に向けた画像調整法の検討'', 画像電子学会 ビジュアルコンピューティング研究会 ビジュアルコンピューティングワークショップ, Nov.2015.

[K117] 岡本翠, 久保尋之, 向川康博, 森島繁生, ``曲率に依存した反射関数を用いた半透明物体の照度差ステレオ法'', 画像電子学会 ビジュアルコンピューティング研究会 ビジュアルコンピューティングワークショップ, Nov.2015.

[K116] 石原葵, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``画像調整法を用いた4次元光線空間生成による多重スクリーンへの個別情報提示'', 情処研報 CVIM 199-25, Nov. 2015. [PDF]

[K115] 池本祥, 向川康博, 松下康之, 久保尋之, 八木康史, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 情処研報 CVIM 199-15 & CG-161-15 Nov. 2015. 【優秀研究発表賞】 [PDF]

[K114] 岡本翠, 久保尋之, 向川康博, 森島繁生, ``曲率依存反射関数を用いた半透明物体における照度差ステレオ法の改善'', 情処研報 CVIM 198-24, Sep. 2015. [PDF]

[K113] 久保尋之,床井浩平,向川康博, ``Translucency Magnitudeを用いた半透明物体のリアルタイムシェーダの紹介'', CEDEC2015, Aug. 2015.

[K112] S. Asada, H. Kubo, T. Funatomi, Y. Mukaigawa, ``Measurement and Reproduction of Reflective/Transmissive Lights in Ink Brush Painting on Absorbent Paper'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS1-1, July, 2015. [PDF]

[K111] 岩口尭史, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``CTと2波長特徴を用いた果実内の糖度分布推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS3-32, July, 2015. [PDF]

[K110] 三原基, 舩冨卓哉, 田中賢一郎, 久保尋之, 長原一, 向川康博, ``視差情報を用いたグラフカットによる4次元光線空間の領域分割'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), SS3-34, July, 2015. [PDF]

[K109] 浅田繁伸, 久保尋之, 舩冨卓哉, 向川康博, ``書画の質感再現を目的とした光学的レプリカの試作'', 情処研報 GCAD 159-5, June 2015. [PDF]

[K108] C. Inoshita, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Shape from Scattering: Shape Estimation for Translucent Objects based on Light Transport Analysis'', 情処研報 CVIM 197-34, May 2015. [PDF]

[K107] 岩口尭史,久保尋之,向川康博, ``2波長から計算される特徴量の逆投影による果実内糖度分布推定'', 情処研報 CVIM 197-28, May 2015. [PDF]

[K106] 青砥隆仁, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``光線強度の非負値制約を用いたL1ノルム最小化による4次元ライトフィールドの再構成'', 情処研報 CVIM 195-62, Jan. 2015. [PDF]

[K105] 三原基,岩口尭史,田中賢一郎,久保尋之,長原一,向川康博, ``光線空間を用いた不要物体除去リフォーカシング画像の生成'', 情処研報 CVIM 195-52, Jan. 2015. [PDF]

[K104] 櫛田貴弘, Bingzhi Yuan, 玉木徹, 向川康博, 久保尋之, Bisser Raytchev, 金田和文, ``パスサンプリングを用いた散乱トモグラフィ'', 情処研報 CVIM 195-51, Jan. 2015. [PDF]

[K103] 岡本翠,安達翔平,久保尋之,向川康博,森島繁生, ``半透明物体における曲率と透過度合の相関分析'', 情処研報 CVIM 195-26, Jan. 2015. [PDF]

[K102] 田中賢一郎, 向川康博, 久保尋之, 松下康之, 八木康史, ``多重高周波照明による半透明物体内部のスライス可視化'', 情処研報 CVIM 195-24, Jan. 2015. [PDF]

[K101] 三原基,浅田繁伸,石原葵,岩口尭史,岡本貴典,田中賢一郎,久保尋之, 向川康博, ``光線空間を用いた画素毎に独立したリフォーカシング'', 電気関係学会関西連合大会, Nov. 2014. 【優秀論文発表賞】 [PDF] [Poster]

[K100] 赤司竜一,石井育規,長原一,向川康博,谷口倫一郎,八木康史, ``全方位観測による散乱光トモグラフィ'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-47, July, 2014. [PDF]

[K99] B.Yuan, T.Tamaki, B.Raytchev, K.Kaneda, Y.Mukaigawa, ``Layered optical tomography of multiple scattering media with combined constraint optimization'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-52, July, 2014. [PDF]

[K98] 青砥隆仁, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``放射輝度分離による4次元ライトフィールドの再構成'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-20, July, 2014. [PDF]

[K97] 松村隆弘,向川康博,八木康史, ``スペックル相関法による層構造の厚さ推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-12, July, 2014. [PDF]

[K96] 池本祥,向川康博,松下康之,八木康史, ``微粒子を含む加飾フィルムの表面下構造解析'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS1-61, July, 2014. [PDF]

[K95] 猪瀬健二,川上玲,向川康博,池内克史, ``形状情報に基づく相互反射補正による照度差ステレオの高精度化'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-35, July, 2014. [PDF]

[K94] 井下智加,向川康博,松下康之,八木康史, ``ぼけ画像復元による半透明物体の照度差ステレオ法'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS2-56, July, 2014. [PDF]

[K93] K.Tanaka, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, ``Recovering Slices inside Translucent Media using Coaxial Multi-frequency Illumination'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS3-14, July, 2014. [PDF]

[K92] 小林由枝, 森本哲郎, 佐藤いまり, 向川康博, 池内克史, ``分光画像を用いた薄膜の光学パラメータ推定'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), SS1-50, July, 2014. [PDF]

[K91] 田中賢一郎, 向川康博, 八木康史, ``プロジェクタ・カメラシステムによる散乱体内部の鮮明化'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ 物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト成果報告会,May 2014.

[K90] 松村隆弘, 向川康博, 八木康史, ``スペックル解析に基づく層構造の深さ推定'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ 物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト成果報告会,May 2014.

[K89] 池本祥, 向川康博, 八木康史, ``表面下の微粒子構造を考慮した多重法線反射モデルの提案'', 情処研報 CVIM 192-19, May 2014. 【卒業論文セッション優秀賞】 [PDF]

[K88] 八木康史,向川康博,槇原靖,満上育久, ``光の伝播からシーンを理解する'', 大阪大学未来戦略機構シンポジウム 「Opt Osaka 2014 in Tokyo -大阪大学の光科学100-」, Mar. 2014.

[K87] 小林由枝,森本哲郎,佐藤いまり,向川康博,池内克史, ``ハイパースペクトル画像を用いた単層膜のBRDF推定'', 情処研報 CVIM 191-4, Mar. 2014. [PDF]

[K86] 田中賢一郎, 向川康博, 松下康之, 八木康史, ``平行高周波照明による透過光と散乱光の分離'', FIRSTシンポジウム「科学技術が拓く2030年」へのシナリオ, Feb. 2014.

[K85] 井下智加,向川康博, 八木康史, ``8次元BSSRDFサンプリングによる物体中の散乱光解析'', IT連携フォーラム 第25回OACISシンポジウム, Nov. 2013.

[K84] 田中賢一郎, 向川康博, 松下康之, 八木康史, ``平行高周波照明による透過光と散乱光の分離'', 大阪大学産業科学研究所第69回講演会,Nov. 2013.

[K84] 小林由枝, 森本哲郎, 佐藤いまり, 向川康博, 池内克史, ``薄膜干渉の画像ベースBRDF推定'', 情処研報 CVIM 188-34, Sep. 2013. [PDF]

[K83] 青砥隆仁, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``拡散反射板上で観測される放射輝度を用いた4次元ライトフィールドの校正'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), SS5-21, Aug. 2013. [PDF]

[K82] T.T.Ngo, Y.Makihara, H.Nagahara, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Evaluation of Gait Authentication using a Large-scale Inertial Gait Database'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), SS5-18, Aug. 2013. [PDF]

[K81] S.Tagawa, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Multiple Focal Planes using Light Field Camera'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), SS3-26, Aug. 2013. [PDF]

[K80] 白神康平, ゴ タン チュン, 満上育久, 向川康博, 八木康史, ``スマートフォンを用いた装着型防犯システムの開発'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), SS2-34, Aug. 2013. [PDF]

[K79] 田中賢一郎, 向川康博, 松下康之, 八木康史, ``平行高周波照明における周波数の適応的選択'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), SS2-33, Aug. 2013. [PDF]

[K78] S.Tagawa, Y.Mukaigawa, Y.Yagi, ``Measurement and Computation Techniques for 8-D Reflectance Field'', 情処研報 CVIM 187-23, May 2013. [PDF]

[K77] 松村隆弘,向川康博,松下康之,八木康史, ``多波長スペックル相関を用いた層構造の深さ推定'', 情処研報 CVIM 187-45, May 2013. 【卒業論文セッション優秀賞】 [PDF]

[K76] 向川康博,田中賢一郎,松下康之,八木康史, ``透視画像の鮮明化のための平行高周波照明システムの開発'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ 物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト成果報告会,Apr. 2013.

[K75] 白神康平,満上育久,向川康博,八木康史, ``全方位センサを利用した装着型防犯システムの開発'', 大阪大学産業科学研究所第67回講演会,Nov. 2012.

[K74] 高谷剛志,向川康博,八木康史, ``多波長画像を用いた照度差ステレオ法の精度向上'', 情処研報 CVIM 183-12, Sep. 2012. [PDF]

[K73] 田中賢一郎,向川康博,八木康史, ``平行高周波照明による透過光の抽出'', 情処研報 CVIM 182-5, May 2012. [PDF]

[K72] 井下智加,向川康博,八木康史, ``単一散乱強度に基づく半透明物体の表面形状推定'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ 物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト成果報告会,Apr. 2012. [PDF]

[K71] 向川康博, ``視覚センサを用いたシーン理解のための表面下散乱のモデル化'', 第11回人工知能研究成果発表会,Mar. 2012.

[K70] 森口翔生,向川康博,松下康之,八木康史, ``光伝播の解析による散乱媒体中の遮蔽物分布推定'', 情処研報 CVIM 180-36, Jan. 2012. [PDF]

[K69] 森口翔生,向川康博,松下康之,八木康史, ``光伝播の解析による散乱媒体の内部推定'', 大阪大学産業科学研究所第67回講演会,Nov.2011.

[K68] 高谷剛志,向川康博,松下康之,八木康史, ``多重重み付け計測による反射光と散乱光の分解'', 情処研報 CVIM 177-12, May 2011. 【卒業論文セッション最優秀賞】 [PDF]

[K67] 白神康平,満上育久,向川康博,八木康史, ``小型画像処理モジュールとステレオカメラを用いた装着型監視システムの開発'', 情処研報 CVIM 177-9, May 2011. [PDF]

[K66] 田川聖一,向川康博,八木康史, ``多面体鏡を用いた8次元リフレクタンスフィールドの計測'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ 物質・デバイス・システム創製戦略プロジェクト成果報告会,Mar. 2011.

[K65] 馬場葉子,向川康博,八木康史, ``照明光と反射光の散乱を考慮した反射特性の推定'', 情処研報 CVIM 175-40, Jan. 2011. [PDF]

[K64] 田川聖一,向川康博,松下康之,八木康史, ``多面体鏡を用いた8次元リフレクタンスフィールドの計測とコンピュテーショナルフォトグラフィへの応用'',情処研報 CVIM 174-11, Nov. 2010. [PDF]

[K63] 槇原靖,チュンタンゴ,長原一,佐川立昌,向川康博,八木康史, ``自己動的時間伸縮を用いた単一準周期信号の位相合わせ'', 情処研報 CVIM 173-8, Sep. 2010. [PDF]

[K62] 田川聖一,向川康博,八木康史, ``亀甲多面鏡を用いた半球状共焦点撮影'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・シス テム創製戦略プロジェクト キックオフミーティング,Aug. 2010.

[K61] 八木康史,向川康博, ``人体計測のためのコンピュータビジョンからのアプローチ'', 附置研究所間アライアンスによるナノとマクロをつなぐ物質・デバイス・シス テム創製戦略プロジェクト 医療材料・グループキックオフミーティング, July 2010.

[K60] 田川聖一,向川康博,金宰完,ラメシュラスカル,松下康之,八木康史, ``多面体鏡を用いた仮想カメラ・プロジェクタ群による半球状共焦点撮影'', 情報処理学会関西支部 ユニバーサルコミュニケーション研究会, June 2010.

[K59] Thanh Trung Ngo, Hajime Nagahara, Ryusuke Sagawa, Yasuhiro Mukaigawa, Masahiko Yachida, Yasushi Yagi, ``Outlier detection for robust parameter estimation against multi-modeled/structured data'', 情処研報 CVIM172-39, May 2010. [PDF]

[K58] 井下智加,向川康博,八木康史, ``ぶれ画像復元のためのリンギング検出器の提案'', 情処研報 CVIM172-8, May 2010. 【卒業論文セッション最優秀賞】 [PDF]

[K57] Yasushiro Mukaigawa, ``Light Transport in Scattering Media'', First Joint Workship on Computer Vision organized by Yagi lab. (Osaka Univ.) and Ikeuchi lab. (Univ. of Tokyo), Apr. 2010 .

[K56] 近藤一晃,向川康博,八木康史, ``高臨場感仮想体験のための装着型全方位撮影システム'', 第52回自動制御連合講演会, F6-4, Nov. 2009. 【優秀発表賞】 [PDF]

[K55] 近藤一晃,向川康博,池田雄介,榎本成悟,伊勢史郎,中村哲,八木康史, ``主観視点全方位映像と三次元音場による高臨場感シーン再現'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009), IS3-52. Jul.2009. [PDF]

[K54] 間下以大,向川康博,八木康史, ``多層表面下散乱モデルによる皮膚の異方性散乱と不均一性の表現'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009), IS2-53, Jul.2009. [PDF]

[K53] 馬場葉子,間下以大,向川康博,八木康史, ``大規模データベースを用いた肌の反射・散乱光の統計的解析'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2009), IS2-46, Jul.2009. [PDF]

[K52] 馬場葉子,間下以大,向川康博,八木康史, ``反射・散乱特性に基づいた肌の統計的解析'', 情処研報 CVIM167-22, June.2009. [PDF]

[K51] 向川康博,``楕円鏡を用いた双方向反射率分布関数の計測システム'', OACIS技術座談会, Mar.2009.

[K50] 山田整,木村雅之,大宮淳,田川潤一,チュンタンゴ,向川康博,八木康史, ``ビデオカメラ向けブレ補正技術'',映情学技報, vol.33, no.8, CE2008-18, pp.21-23, Feb.2009.

[K49] 向川康博,八木康史, ``反射・散乱光の計測と解析'', 生研産研研究所間交流会, Feb.2009.

[K48] 向川康博,鈴木和哉,八木康史, ``一般照明下での表面下散乱の計測'', 電気学会 一般産業研究会, GID-08-21, pp.45-50, Nov.2008. [PDF]

[K47] 向川康博,八木康史, ``プロジェクタを用いた双方向反射率分布関数の高速計測'', 平成20年度電気関係学会関西支部連合大会,S8-4, Nov.2008. [PDF]

[K46] 東はるか,向川康博,八木康史, ``装着型複眼全方位センサを用いた時空間ライフログの提案'', 平成20年度情報処理学会関西支部大会, C1-06, pp.101-102, Nov.2008. [PDF]

[K45] 田川聖一,向川康博,八木康史, ``複数光源の同時照明によるBRDF計測の高速化', 情処研報 CVIM 163-12, pp.77-84, May 2008. [PDF]

[K44] 鈴木和哉,向川康博,八木康史, ``半透明物体に対する表面下散乱モデルの当てはめ'', 情処研報 CVIM 161-47, pp.317-324, Jan.2008. [PDF]

[K43] 鈴木和哉,向川康博,八木康史, ``半透明物体に対する表面下散乱パラメータの推定'', 大阪大学産業科学研究所第63回講演会,Nov.2007.

[K42] 東はるか,向川康博,八木康史, ``装着型全方位監視に向けて -小型センサの試作と動物体検出法の提案-'', 情処研報 CVIM 159-10, pp.89-96, May 2007. 【卒業論文セッション優秀賞】 [PDF]

[K41] T.N.Thanh, H.Nagahara, R.Sagawa, Y.Mukaigawa, M.Yachida, Y.Yagi, ``Robust and Real-time Estimation of Camera Rotation with Translation-invariant Features'', 情処研報 CVIM 157-26, pp.193-200, Jan.2007. [PDF]

[K40] 槇原靖, 佐川立昌, 向川康博, 越後富夫, 八木康史, ``周波数領域に拡張した方向変換モデルによる歩容認証'', 第11回パターン計測シンポジウム, pp.1-8, Nov.2006. [PDF]

[K39] 日浦慎作, 向川康博, ``プロジェクタ・カメラシステムの概観と研究動向'', 情処研報 CVIM 156-7, pp.49-60, Nov.2006. [PDF]

[K38] 万波秀年,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``反射型液晶を用いた適応的ダイナミックレンジカメラ'', 大阪大学産業科学研究所第62回講演会,Nov.2006.

[K37] 上田健介,越後富夫,佐川立昌,向川康博,八木敬子,斯波將次, 樋口和秀,荒川哲男,八木康史, ``カプセル内視鏡を用いた小腸収縮位置の検出'', 信学技報M I2005-110, pp.9-12, Jan.2006. [PDF]

[K36] 槇原靖,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``周波数領域における方向変換モデルを用いた歩容認証'', 情処研報 CVIM 152-16, pp.117-124, Jan.2006. 【山下記念研究賞】 [PDF]

[K35] 青木伸也,槇原靖,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``平行光を用いた反射屈折撮像系におけるミラーの位置姿勢校正'', 情処研報 CVIM 152-4, pp.23-30, Jan.2006. [PDF]

[K34] 柿沼孝行,向川康博,大田友一, ``非平面へのパターン投影における相互反射の補償'', 情処研報 CVIM 152-3, pp.15-22, Jan.2006. [PDF]

[K34] 角野皓平, 向川康博, 八木康史, ``楕円鏡を用いた反射特性計測装置の提案'', 大阪大学産業科学研究所第61回講演会,Nov. 2005.

[K33] 古山孝好,古谷仁志,向川康博,亀田能成,吉川文人,大田友一, ``サッカーのインターネット中継が可能な自由視点映像方式'', 第1回デジタルコンテンツシンポジウム,S1-6,May 2005. [PDF]

[K32] 万波秀年,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``液晶フィルタを用いた広ダイナミックレンジカメラの提案'', 情処研報 CVIM 2005-149-4,pp.23-30, May 2005. [PDF]

[K31] 亀田能成,古山孝好,向川康博,大田友一, ``大規模空間における映像センシングと可視化 −サッカースタジアムを例にして−'', 電子情報通信学会 2005年総合大会講演論文集 HK-2-1,pp.SS 10-11,Mar.2005. [PDF]

[K30] 永井悠文,向川康博,大田友一, ``パターン埋め込みによる動的シーンへの適応的投影'', 信学技報 PRMU 2004-159, pp.31-36, Jan.2005. [PDF]

[K29] 永井悠文,向川康博,大田友一, ``プロジェクタ型複合現実感のためのスクリーン物体の追跡'', 信学技報 MVE 2004-37, pp.1-6, Oct.2004. [PDF]

[K28] ブシナイフヒシャム,亀田能成,向川康博,大田友一, ``サッカー選手の追跡撮影のための複数首振りカメラの切替え撮影法'', 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004), I-038, Sep.2004. [PDF]

[K27] 古山孝好,向川康博,亀田能成,大田友一, ``サッカーの自由視点映像のネットワークを用いたライブ配信'', 第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004), I-054, Sep.2004. [PDF]

[K26] 向川康博,永井悠文,大田友一, ``SpaceRelighter: 現実空間における照明環境の記録と再現'', 信学技報 PRMU 2003-202, pp.25-30, Jan.2004. [PDF]

[K25] 石井育規,向川康博,尺長健, ``相互反射を含むシーンにおける画像の線形化と光学現象の解析'', 情処研報 CVIM 2003-137-14, pp.109-116, Mar.2003. [PDF]

[K24] 源田大輔,向川康博,尺長健, ``視点と法線を組み合わせた任意視点映像の生成法'', 情処研報 CVIM 2003-137-7, pp.53-60, Mar.2003. [PDF]

[K23] 有光博志,向川康博,尺長健, ``陶器の反射特性学習と仮想光学環境への応用'', 計測自動制御学会 第3回システムインテグレーション部門講演会 (SI2002), Vol.I, pp.289-290,Dec.2002. [PostScript], [PDF]

[K22] 向川康博,西山正志,尺長健, ``仮想光学環境における実物体反射特性の学習'', 文化財のデジタル保存 自動化手法開発プロジェクト 平成13年度成果報告会, pp.75-85,Mar.2002. [PostScript], [PDF]

[K21] 藤田武史,向川康博,尺長健, ``多視点動画像を用いた舞踊動作のデジタル化'', 文化財のデジタル保存 自動化手法開発プロジェクト 平成13年度成果報告会, pp.65-74,Mar.2002. [PostScript], [PDF]

[K20] 藤田武史,向川康博,尺長健, ``多視点カメラシステムによる舞踊動作の獲得と解析'', 情処研報 CVIM 2002-132-14, pp.95-102,Mar.2002. [PostScript], [PDF]

[K19] 西山正志,向川康博,尺長健, ``仮想光学環境のための局所反射特性分布の学習と再現'', 情処研報 CVIM 2002-132-9, pp.61-68,Mar.2002. [PostScript], [PDF]

[K18] 加藤丈和, 蔵田武志, 坂上勝彦, 向川康博, 尺長健, ``実環境下における自律的な顔画像登録とその応用'', 情処研報 CVIM 2002-131-7, pp.45-52, Jan.2002. [PDF]

[K17] 向川康博, 藤田武史, 尺長健, ``多視点動画像解析による舞踊動作のデジタル化'', 計測自動制御学会 第2回システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2001), pp.227-228, Dec.2001. [PostScript], [PDF]

[K16] 石井育規, 向川康博, 尺長健, ``鏡平面への映り込みを考慮した Photometric Image-Based Rendering'', 画像電子学会第190回研究会, 01-05-09, pp.57-64, Nov.2001. [PostScript], [PDF]

[K15] 岡直人, 向川康博, 尺長健, ``奥行き情報と画像情報を併用する Cast Shadow生成'', 情処研報 CVIM 2001-126-7, pp.49-56, Mar.2001. [PostScript]

[K14] 亀山直也, 加藤丈和, 向川康博, 尺長健, ``カメラの役割変更による安定な人物追跡と効果的な顔画像登録'', 信学技報 PRMU 2000-140, pp.75-80, Dec.2000. [PostScript]

[K13] 西山正志, 向川康博, 尺長健, ``プロジェクタを用いた仮想照明環境のための相互反射の解析と生成'', 信学技報 PRMU 2000-61, pp.1-6, Sep.2000. [PostScript]

[K12] 宮木一, 向川康博, 尺長 健, ``Photometric Image-Based Renderingにおける拡散反射と鏡面反射の生成'', 信学技報 PRMU 99-272, pp.81-88, Mar.2000. [PostScript]

[K11] 加藤丈和, 沖昌並, 向川康博, 尺長健, ``分散協調による顔認識のための能動的登録'', 情処研報 CVIM 114-15, pp.113-120, Jan.1999. [PostScript]

[K10] 三橋貞彦, 宮木一, 向川康博, 尺長健, ``任意光源画像生成のための Photometric Image-Based Rendering'', 信学技報 PRMU 98-125, pp.17-24, Nov.1998. [PostScript]

[K9] 濱口隆子, 向川康博, 尺長健, ``逐次更新型 Image-Based Rendering のための参照画像の効率的選択'', 信学技報 PRMU 98-124, pp.9-16, Nov.1998. [PostScript]

[K8] 高雷, 向川康博, 大田友一, ``実写画像に基づいた発話による口の動きを持つ顔画像生成'', 信学技報 PRMU 97-157, pp.41-46, Nov.1997.

[K7] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``実画像をベースとした表情を伴う3次元顔画像生成'', 3次元画像コンファレンス'97, pp.13-18, Jul.1997. 【優秀論文賞】

[K6] 高雷, 向川康博, 大田友一, ``複数枚の顔写真を用いた発話による口の動きを持つ顔画像生成'', 情報処理学会 第54回(平成9年前期)全国大会, 2, 5J-4, pp.247-248, Mar.1997. [PostScript]

[K5] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``2枚の顔写真を用いた任意方向の顔画像の生成'', 信学技報 PRU 95-29, pp.65-72, May 1995.

[K4] 佐田博宣, 向川康博, 大田友一, ``三次元ドロネー網と画像情報を用いた三角形パッチモデル生成法'', 情報処理学会 第50回(平成7年前期)全国大会 講演論文集(2), 5C-7, pp.415-416, Mar.1995. [Scanned PDF]

[K3] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``2枚の顔写真を用いた任意方向の顔画像の生成'', 情報処理学会 第50回(平成7年前期)全国大会 講演論文集(2), 3C-5, pp.369-370, Mar.1995.

[K2] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``複数の顔写真の組合せによる任意方向の見え方の生成'', 電子情報通信学会 1994年 春季大会 講演論文集(7), D-587, pp.323, Mar.1994.

[K1] 向川康博, 大田友一, ``顔画像における眼の形状の抽出と記述'', 情報処理学会 第46回(平成5年前期)全国大会 講演論文集(2), 5C-7, pp.183-184, Mar.1993.

招待講演
[I23] 向川康博,``質感定量化のための光伝播計測'', 学術振興会 産業計測第36委員会, Nov. 2016.

[I22] 向川康博,``光線計測に基づくコンピュテーショナルフォトグラフィ'', 稲盛財団 第32回(2016)京都賞記念ワークショップ, Nov. 2016.

[I21] 向川康博, ``光伝播の分解と再構成'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) , 【MIRUxKIKU】「音学シンポジウム」連携オーガナイズドセッション, Aug., 2016.

[I20] Kenichiro Tanaka, Yasuhiro Mukaigawa, Hiroyuki Kubo, Yasuyuki Matsushita, Yasushi Yagi, ``Recovering Transparent Shape From Time-Of-Flight Distortion'' (CVPR2016), 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) 招待講演セッション, Aug., 2016.

[I19] Yoshie Kobayashi, Tetsuro Morimoto, Imari Sato, Yasuhiro Mukaigawa, Takao Tomono, Katsushi Ikeuchi, ``Reconstructing Shapes and Appearances of Thin Film Objects Using RGB Images'' (CVPR2016), 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016) 招待講演セッション, Aug., 2016.

[I18] 向川康博, ``光伝播の分解と再構成'', 情報処理学会 音学シンポジウム2016(第111回研究会)MIRU連携オーガナイズドセッション, May 2016.

[I17] 向川康博, ``光線計測による質感定量化に向けて'', 質感のつどい第1回公開フォーラム, Nov. 2015.

[I16] 向川康博,``光線計測に基づくコンピュータビジョンとその応用'', 三菱電機先端技術総合研究所 講演会, Oct. 2015.

[I15] Y. Mukaigawa, ``Computational Photography based on Photometric Analysis'', China-Japan Student Workshop, Sep. 2015.

[I14] K. Tanaka, Y. Mukaigawa, H. Kubo, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Recovering Inner Slices of Translucent Objects by Multi-Frequency Illumination'' (CVPR2015), 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) 招待講演セッション, July, 2015.

[I13] C. Inoshita, Y. Mukaigawa, Y. Matsushita, Y. Yagi, ``Surface Normal Deconvolution: Photometric Stereo for Optically Thick Translucent Objects'' (ECCV2014), 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) 招待講演セッション, July, 2015.

[I12] 向川康博, ``反射光・散乱光の計測と解析 -質感の定量化に向けて-'', CVIM 195-7, Jan. 2015.

[I11] 向川康博,``光学系の工夫による多機能イメージング'', 精密工学会 画像応用技術専門委員会 研究会報告, Nov. 2013.

[I10] 向川康博,``反射・散乱光の計測と解析'', 科学技術交流財団 光学的コンピュータビジョンに関する研究会, Sep.2013.

[I9] 向川康博,``反射・散乱光の計測とコンピュテーショナルフォトグラフィ'', 宇都宮大オプティクス教育研究センター 第67回オプティクス教育研究セミナー, Aug.2013.

[I8] C.Inoshita, Y.Mukaigawa, Y.Matsushita, Y.Yagi, ``Shape from Single Scattering for Translucent Objects'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), IS2-4, Aug. 2013.

[I7] 向川康博,``反射・散乱光の計測と材質推定の試み'' 新学術領域研究 質感脳情報学 研究集会, Feb. 2013.

[I6] 向川康博,``MITメディアラボにおける散乱光解析の研究'', オムロン 第1回技術部会,July, 2012.

[I5] 向川康博,``入射光線の加工による多機能イメージング'', 日本オプトメカトロニクス協会 デジタル・イメージング技術部会講演会, June 2012.

[I4] Y.Mukaigawa, ``Multi-functional imaging systems using concave reflector'', The 15th SANKEN International Symposium, Jan. 2012. [PDF]

[I3] 向川康博, ``反射鏡を用いた多機能イメージング'', 日本色彩学会視覚情報基礎研究会,第10回研究発表会,Dec.2011. [PDF]

[I2] 向川康博, ``ビジョンとCGの融合 -MITメディアラボのSIGGRAPHへの取り組み-'', 画像電子学会 VC秋季セミナー, Oct.2010.

[I1] Y.Mukaigawa, "Measurement and analysis of reflection and subsurface scattering", Mathematical Aspects of Image Processing and Computer Vision 2008, Nov.2008. [Abstract]

サーベイ・チュートリアル・セミナー等
[S10] 向川康博, ``光伝播計測に基づくシーン解析 - 反射・散乱光のモデルからCG・コンピュテーショナルフォトグラフィ応用まで -'', 第22回画像センシングシンポジウム(SSII2016) チュートリアル, June 2016.

[S9] 向川康博, ``光線計測に基づくコンピュテーショナルフォトグラフィ'', PoTS映像学シンポジウム 〜自由視点映像/自由焦点映像が切り開く新しい映像表現の地平〜 Mar. 2016.

[S8] 向川康博,``光線計測に基づくコンピュテーショナルフォトグラフィ'', 奈良先端大産学連携フォーラム, Jan. 2016.

[S7] 向川康博,``反射光・散乱光の計測と解析 〜質感の定量化に向けて〜'', キヤノン講演会&パネルディスカッション, Oct. 2014.

[S6] 向川康博,``光線を観るコンピュータビジョン'', 筑波大学 視覚情報メディアリサーチユニットセミナー,June 2015.

[S5] 向川康博,``光線空間の計測と解析'', 日本情報技術センターセミナー,Mar. 2013.

[S4] 第17回画像センシングシンポジウム(SSII2011), オーガナイズドセッション 「OS2: 光学センシングの新展開」 オーガナイザ,June 2011.

[S3] 向川康博,``カメラとオプティクスの組合せによる多機能センシング'', 第17回画像センシングシンポジウム(SSII2011), オーガナイズドセッション O2, June 2011.

[S2] 向川康博,``反射・散乱の計測とモデル化'', 情処研報 CVIM 172-35, May 2010. [PDF]

[S1] 佐藤洋一,向川康博, ``インバースレンダリング'', 情処研報 CVIM 145-9, pp.65-76, Sep.2004. [PDF]

解説・総合論文
[Z4] 向川康博, 小特集 汎光線時空間映像学: 4.「光線計測に基づくコンピュテーショナルフォトグラフィ」, 情報処理, Vol.57, No.10, pp.1002-1005, 2016/9/15.

[PDF]

[Z3] 向川康博, ``見たいものだけを鮮明に見せるコンピュテーショナルフォトグラフィ技術'', 映像情報メディア学会誌,コンピュテーショナルフォトグラフィ特集号, Aug. 2013.

[Z2] 向川康博,長原一,平林晃, ``光学系・撮像過程・信号処理の工夫による光学センシング技術'', 精密工学会誌, Vol.77, No.12, pp.1104-1108, Dec. 2011. [PDF]

[Z1] 森島繁生, 八木康史, 中村哲, 伊勢史郎, 向川康博, 槇原靖, 間下以大, 近藤一晃, 榎本成悟, 川本真一, 四倉達夫, 池田雄介, 前島謙宣, 久保尋之, 総合報告:``新映像技術「ダイブイントゥザムービー」'', 電子情報通信学会誌 Vol.94, No.3, pp.250-268, 2011. [PDF]

会議報告
[R4] 向川康博,奥村麻由,中澤篤志,佐藤いまり, ``ECCV2012参加報告'', 情処研報 CVIM 185-50, Jan. 2013. [PDF]

[R3] 池田聖,岡部孝弘,佐藤智和,阪野貴彦,向川康博,山崎俊太郎, 佐藤洋一, ``The 11th IEEE International Conference on Computer Vision (ICCV2007) 報告'',情処研報 CVIM 162-66, pp.415-424, Mar.2008. [PDF]

[R2] 岡谷貴之,木下航一,杉本茂樹,西山正志,日浦慎作,右田剛史, 向川康博,奥富正敏, ``2007 IEEE Computer Society Conference on Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR2007) 報告'', 情処研報 CVIM 161-33, pp.217-228, Jan.2008. [PDF]

[R1] 向川康博,佐川立昌,増田健,亀田能成,八木康史, ``国際会議 ACCV2006報告'', 情処研報 CVIM 153-66, pp.431-436, Mar.2006. [PDF]

その他の出版物
[O11] ``A penetrating gaze'', NAIST Research Highlights 2016, pp.16-17, 2016.

[O10] ``Resolving translucent 3D objects'', NAIST Research Highlights 2015, pp.18, 2015.

[O9] 光線を追跡し見えないものを見るカメラをつくる, 奈良先端大広報誌「せんたん」, 知の扉を開く,pp.7-8, Vol.24, May 2015. [PDF]

[O8] 「透ける紙」「透ける画像」を開発!, 先端人 Tommorrow's Pioneers: 総長と若手研究者との対話, 大阪大学 News Letter, No.60, pp.1-4, June 2013. [PDF]

[O7] 向川康博,``反射鏡を用いた撮影技術の魅力'', 情報処理学会誌,Vol.52, No.8, pp.1008, Aug. 2011. [PDF]

[O6] 向川康博,`` 私の研究開発ツール CGツール POV-Ray'', 映像情報メディア学会誌,Vol.62, No.7, pp.1029-1031, 2008.

[O5] 向川康博,``査読のメリット'', 電子情報通信学会 2008年総合大会,情報・システムソサイエティ誌特別号, pp.7, 2008. [PDF]

[O4] T.Kato, Y.Mukaigawa, T.Shakunaga, ``Cooperative Distributed Registration for Robust Face Recognition'', Systems and Computers in Japan, Vol. 33, No. 14, Dec. 2000. (Translated from Trans. IEICE, Vol.J84-D-II, No.3, pp.500-508, Mar.2001). [PDF]

[O3] LOOK JAPAN, Vol.42, No.489, pp.33, 1996.

[O2] 「3次元画像メディアとパターン認識」, YOKOGAWA Renta Station, No.41, pp.3-5, 1996.

[O1] 向川康博,``学生の学会活用法'',人工知能学会誌, Vol.9, No.6, pp.935, 1994. [PDF]

書籍
[B4] 向川康博 他, シンギュラリティ: 限界突破を目指した最先端研究, 「光学的な性能限界を超えるカメラ」, NAIST‐IS書籍出版委員会編,近代科学社, Feb. 2016.

[B3] 向川康博 他, コンピュータビジョン最先端ガイド4, アドコム・メディア, 八木康史,斉藤英雄編,総ページ156,うち 第5章「反射・散乱の計測とモデル化」pp.121-150を担当. ISBN978-4-915851-43-8, Dec. 2011.

[B2] 佐藤洋一,佐藤いまり,日浦慎作,向川康博 共著, 電子情報通信学会 ハンドブック「知識ベース」, 2群2編パターン認識とビジョン,5章 照明・反射解析,2009.

[B1] 中村裕一,向川康博 共著, コンピュータビジョン:技術評論と将来展望, 第17章 画像・映像の知的生成と編集 -CV技術を用いた新しい画像・映像処理-, 松山隆司, 久野義徳, 井宮淳 編, 新技術コミュニケーションズ,ISBN4-915851-17-6, 1998.

商業誌
[M8] 久保尋之,岡本翠,向川康博,森島繁生 ``曲率に依存する反射関数を用いた半透明物体における法線マップ推定手法の提案'', 日本工業出版 画像ラボ.

[M7] 青砥隆仁,佐藤智和,向川康博,武富貴史,横矢直和, ``中空透明球体を用いた三角測量に基づく近接光源の三次元位置推定'', 日本工業出版 画像ラボ, Vol.27, No.11, pp.13-19, Nov. 2016.

[M6] 井下智加,向川康博,八木康史,松下康之, ``単一散乱強度に基づく半透明物体の形状推定'', 日本工業出版 画像ラボ, Vol.24, No.5, pp.57-61, May 2013.

[M5] 向川康博,八木康史, ``楕円鏡を用いた反射特性計測とCG応用'', 日本オプトメカトロニクス協会,光技術コンタクト,Dec.2012

[M4] 近藤一晃,向川康博,鈴木俊哉,八木康史, ``移動ロボットのため非等方性全方位視覚系 -遠隔監視システムを用いた災害地情報収集に向けて-'', 日本工業出版 画像ラボ, Vol.19, No.1, pp.40-44, Jan.2008.

[M3] 槇原靖,佐川立昌,向川康博,越後富夫,八木康史, ``歩き方の個性による個人認証 -周波数領域における方向変換モデルを用いた歩容認証-'', 日本工業出版 画像ラボ, Vol.18, No.7, pp.43-47, Jul.2007.

[M2] 向川康博, 中村裕一, 大田友一, ``実画像をベースとした表情を伴う3次元顔画像生成 - 自然な表情を持った顔画像を生成するためには -'', 日本工業出版 画像ラボ 1997年12月号, Vol.8, No.12, pp.11-15, Dec.1997.

[M1] 向川康博, 大田友一, ``複数の顔画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像の生成'', フレグランスジャーナル (特集:顔学とメイクアップの科学), 1996-10, pp.101-105, Oct.1996.

学位論文
[U3] ``実画像の組合せによる任意方向・任意表情の顔画像生成に関する研究'', 筑波大学大学院 工学研究科 博士論文 (1997), 甲第1717号 [Movie(35MB)]

[U2] ``複数の顔写真の組合せによる任意方向の見え方の生成'', 筑波大学大学院 工学研究科 修士論文 (1994)

[U1] ``顔画像における細部形状の識別 〜眼の場合〜'', 筑波大学 第3学群 情報学類 卒業論文 (1992)

その他の講演・展示
[T17] 向川康博,舩冨卓哉,久保尋之,青砥隆仁,田中賢一郎,岩口優也,佐藤大夢,伏下晋, ``質感に対する光学の視点から取り組み'', 新学術領域研究 多元質感知 第3回領域班会議, Mar. 2017.

[T16] Y.Mukaigawa, ``Non-conventional Vision'', Perception and Robotic team meeting in University of Picardie Jules Verne, 2016/9/15.

[T15] 西諒一郎, 青砥隆仁, 河合紀彦, 佐藤智和, 向川康博, 横矢直和, ``正対する放物面鏡を用いた狭被写界深度撮影'', 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), DS-07, Aug. 2016.

[T14] 岡本翠,久保尋之,向川康博,森島繁生, ``曲率に依存する反射関数を用いた半透明物体における照度差ステレオ法の改善'', 新学術領域研究 多元質感知 第2回領域班会議, June 2016.

[T13] 佐藤いまり,Yinqiang Zhang,向川康博,佐藤洋一, ``コンピュータビジョンで実現する多様で複雑な質感の認識機構'', 新学術領域研究 多元質感知 第2回領域班会議, June 2016.

[T12] 池本祥, 向川康博, 松下康之, 久保尋之, 八木康史, ``観測スケールを考慮したメタリック塗装の表面下法線分布解析'', 新学術領域研究 多元質感知 第1回領域班会議, Jan. 2016.

[T11] 佐藤いまり,向川康博,佐藤洋一, ``コンピュータビジョンで実現する多様で複雑な質感の認識機構'', 新学術領域研究 多元質感知 第1回領域班会議, Jan. 2016.

[T10] 小笠原司,横矢直和,加藤博一,向川康博,高松淳,佐藤智和, Christian Sandor,舩冨卓哉,河合紀彦,久保尋之, ``京都・奈良の文化遺産の高精度デジタルアーカイブと2次利用に関する検討'', けいはんなオープンイノベーションセンター推進協議会第1回総会, Aug.2015.

[T9] 「京都・奈良の文化遺産の高精度デジタルアーカイブと2次利用」, 京都スマートシティエキスポ2015, 2015/5/20.

[T8] 浅田繁伸,久保尋之,向川康博,``墨字の反射率・透過率の計測と再現'', 新学術領域研究 質感脳情報学 第9回領域班会議, Mar. 2015.

[T7] 井下智加,田川聖一,エムディ アブドゥル マンナン,向川康博,八木康史, ``8次元BSSRDF計測による表面下散乱の解析'', 新学術領域研究 質感脳情報学 第7回領域班会議,Feb. 2014.

[T6] 向川康博, ``計算機の演算で見えないものを見る'', 奈良先端科学技術大学院大学とヤンマー株式会社による課題創出連携研究事業 定例会合, Mar. 2014.

[T5] Y.Mukaigawa, ``Scattering Analysis for Scene Understanding'', Meeting of the camera culture group, MIT Media Lab, Apr. 2013.

[T4] 向川康博, ``研究プロジェクト紹介'', 東北大学電気通信研究所 大阪大学大阪大学産業科学研究所 交流会, Dec. 2012.

[T3] 井下智加,``物体中の光の散乱から物体の形状を求める'', 大阪大学いちょう祭,産研サイエンスカフェ,Apr. 2012.

[T2] 向川康博,視覚センサを用いたシーン理解のための表面下散乱のモデル化, 人工知能研究振興財団,第11回人工知能研究成果発表会,Mar. 2012.

[T1] ``Photometric Analysis in Computer Vision'', In weekly meeting of the camera culture group, MIT Media Lab, July/8/2009.

特許
[P10] 特許出願(2017/1)

[P9] 特許出願(2017/1)

[P8] 特許出願(2016/12)

[P7] 特許出願(2016/6)

[P6] 特許出願(2016/6)

[P5] 特許出願(2016/6)

[P4] 特許出願(2016/7/21)

[P3] 特許出願(2015/5/1)

[P2] 石井育規,新井稔也,向川康博,八木康史, 物体内部推定装置およびその方法, 出願2013-146966 (2013/7/12), 公開2014-055939 (2014/3/27).

[P1] 石井育規,物部祐亮,八木康史,向川康博, ブラー補正装置およびブラー補正方法, 出願 2010-92668 (2010/4/13), 公開 2011-223477 (2011/11/4). 登録 5243477 (2013/4/12).

アウトリーチ
[X38] JSTオープンイノベーションフェアWEST 〜関西発 大学シーズ見本市〜, 「高速かつ非接触,非破壊,非侵襲の粘弾性測定技術」, 2017/2/7-8.
[X37] JSTキャンパスイノベーションセンター東京 新技術説明会 (情報・機械・材料), 「高速かつ非接触,非破壊,非侵襲の粘弾性測定技術」,2016/12/1. [PDF]
[X36] 高山サイエンスフェスティバル・奈良先端科学技術大学院大学オープンキャンパス, 「光線空間プロジェクション」, 2016/11/13
[X35] 奈良先端科学技術大学院大学 公開講座2016「情報科学における技術的限界点とその突破」, 「光学的な限界を超えるカメラ」, 2016/10/15
[X34] 奈良先端科学技術大学院大学 スーパーサイエンスハイスクール研究室ショートステイ, 「その質感をCGに転写しよう 〜光学特性の計測・表現を学ぶ〜」, 2016/8/9-12
[X33] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2016/5/14
[X32] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2016/2/27
[X31] 高山サイエンスフェスティバル・奈良先端科学技術大学院大学オープンキャンパス, 体験プログラム「真実は光の中に!」, 2015/11/9
[X30] 奈良先端科学技術大学院大学 スーパーサイエンスハイスクール研究室ショートステイ, 「その質感をCGに転写しよう 〜光学特性の計測・表現を学ぶ〜」, 2015/8/18-20
[X29] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2015/5/16
[X28] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2015/3/7
[X27] 高山サイエンスフェスティバル・奈良先端科学技術大学院大学オープンキャンパス, 「近赤外線の世界への招待」, 2014/11/9
[X26] イノベーション・ジャパン2014 大学見本市&ビジネスマッチング, 平行高周波照明を利用した近赤外光透視画像の鮮明化, 東京ビックサイト,2014/9/11-12
[X25] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2014/5/17
[X24] 奈良先端科学技術大学院大学,受験生のためのオープンキャンパス,2014/3/8
[X23] 大阪大学産業科学研究所 ものづくり教室, 「未来を担うみなさんへ 〜コンピュータビジョン研究の紹介〜」,2013/8/7
[X22] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-「人を見るための視覚情報処理」, 産業科学研究所 八木研実験室,2013/5/3
[X21] 大阪大学 中之島サイエンスカフェ, 「もっと見たい! 情報科学と生命科学からのアプローチ -計算機の演算で見えないものを見る-」, 大阪大学中之島センター,2013/3/21 [PDF]
[X20] 大阪大学基礎工学部大学説明会(オープンキャンパス), 「視覚情報処理を体験しよう」,2012/8/10
[X19] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-, 「人を見るための視覚情報処理」, 産業科学研究所 八木研実験室,2012/5/1
[X18] 大阪大学基礎工学部大学説明会(オープンキャンパス), 「視覚情報処理を体験しよう」,2011/8/17
[X17] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-, 「様々な視覚センサの紹介と視覚情報処理による歩き方の個性計測の体験」, 産業科学研究所 八木研実験室,2011/5/2
[X16] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-,「肌の質感計測の体験」, 産業科学研究所講堂,2010/4/30-5/1
[X15] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-,「肌の質感計測の体験」, 産業科学研究所講堂,2009/5/1-2
[X14] 日本科学未来館 友の会DAY 〜いろんな科学とふれあう日〜 「Dive Into the Movie 新しいエンタテインメントの幕開け」, 肌の質感計測・主観視点全方位シアター,2009/3/20-22
[X13] 国際次世代ロボットフェア ICRT JAPAN 2008, 「移動ロボットのための非等方全方位視覚」, インテックス大阪3号館,2008/11/26-28
[X12] 大阪大学いちょう祭 知能とコンピュータ -見る・学ぶ・考える・創る-,「肌の質感計測の体験」, 産業科学研究所講堂,2008/5/2-3
[X11] 日本科学未来館 友の会DAY 〜いろんな科学とふれあう日〜, 「Dive into the movieの現在そして未来」,2008/2/10-11
[X10] 彩都サンデーサイエンス2007,「おもしろ視覚」, 大阪府茨木市彩都西小学校,2007/11/25
[X9] サイエンスアゴラ2007, 「実演・情報通信技術を駆使したレスキューロボット」,国際研究交流大学村, 2007/11/24
[X8] ENTERTAINMENT MEDIA COMPLEX OSAKA 2007, 「複眼全方位センサ」,ホテルニューオータニ大阪,2007/10/24-25
[X7] IT産学マッチングカンファレンスOSAKA, 「反射型液晶を用いた適応的ダイナミックレンジカメラ」, 大阪産業創造館,2007/3/5
[X6] サイエンスアゴラ2006, 「新エンタテイメント体験『Dive into the movie 〜新しいエンタテイメントへ のアプローチ〜』」,国際研究交流大学村,2006/11/25
[X5] プレス公開デモ, 「災害地情報収集ロボットシステム」,IHIエアロスペース 川越事業所, 2006/3/10
[X4] つくばテクノロジー・ショーケース, 「3次元自由視点映像スタジアム」,つくば国際会議場,2004/1/30
[X3] 公開実験, 「国立霞ヶ丘競技場における多視点・自由視点映像の撮影・提示実験」, 国立霞ヶ丘競技場,2003/12/18
[X2] 全国マルチメディア祭2002 in 岡山, 「プロジェクタを用いた仮想現実感」,コンベックス岡山,2002/11/15-17
[X1] 1999先端産業フェア岡山, 「画像の生成/加工技術を体験しよう!」,コンベックス岡山,1999/6/25-27
新聞
[N26] 読売新聞 2016年11月15日 奈良版: ドキ★ワク 先端科学「材質を見分ける賢い目」
[N25] 日経産業新聞 2016年5月31日: 「受精卵,負荷与えず観察 -奈良先端大など 顕微鏡使わぬ新技術-」
[N24] 朝日新聞 2014年10月27日朝刊: ピンぼけなし次世代カメラ [PDF]
[N23] 電波受験界 2008年6月号: 非常時に活躍するロボットと無線通信
[N22] 無線通信ジャーナル 2008年3月号: 災害などの非常時に,無線ロボットが動く
[N21] 日本経済新聞 2008年2月8日朝刊: ダイブイントゥザムービーの現在そして未来
[N20] セキュリティ産業新聞 2007年10月25日:街の安心・安全 次世代広域監視  広域から周辺監視へ 固定から携帯監視へ [PDF]
[N19] セキュリティ産業新聞2007年10月10日:街の安心・安全 次世代広域監視  防犯グッズ感覚の携帯監視 [PDF]
[N18] セキュリティ産業新聞 2007年9月25日:街の安心・安全 次世代広域監視  360度パノラマ状の領域を瞬時に監視
[N17] セキュリティ産業新聞 2007年9月10日:街の安心・安全 次世代広域監視  方向変換モデルで歩行映像を生成
[N16] セキュリティ産業新聞 2007年8月25日:街の安心・安全 次世代広域監視  周波数領域特徴に見る歩容パターンの違い
[N15] セキュリティ産業新聞 2007年8月10:遠隔での個人識別
[N14] セキュリティ産業新聞 2007年3月25日:科学警察研究所における画像処理
[N13] 聖教新聞 2006年7月9日:広域監視のための新たなシステム構築
[N12] 日本経済新聞 2006年4月28日朝刊: 歩き方で個人認証 阪大不審者監視に応用へ [PDF]
[N11] 読売新聞 2006年3月11日朝刊:ミューロス [PDF]
[N10] 日本経済新聞 2006年3月11日朝刊:災害ロボ2階も探索 [PDF]
[N9] 河北新報 2006年3月2日朝刊:レスキューロボに親子型
[N8] 日本経済新聞 2004年2月6日:サッカー中継 好きな角度から観戦 [PDF]
[N7] 読売新聞 2003年12月19日:サッカー自由視点映像生成 [PDF]
[N6] スポーツニッポン 1996年7月14日:画期的合成写真 [JPG]
[N5] 上毛新聞 1996年7月29日:好みの向きの顔合成 写真2枚あればOK [PDF]
[N4] 静岡新聞 1996年7月14日:好みの向きの顔合成 写真2枚で自在に [PDF]
[N3] 茨城新聞 1996年7月14日:好みの向きの顔を合成 写真2枚でOK [PDF]
[N2] 産経新聞 1996年7月14日:任意方向顔画像生成 [PDF]
[N1] 日本経済新聞 1996年7月14日:様々な向きの顔 写真2枚で合成 [PDF]
テレビ放送
[V6] 朝日放送 2006年12月8日:NEWSゆう 時流第126弾 「"犯人"を識別する歩き方のパターン!!」
[V5] 仙台放送 2006年3月10日:災害ロボット公開 「倒壊したビルの中に入ります」
[V4] ミヤギテレビ 2006年3月10日:災害救助の親子ロボット
[V3] テレビ朝日 2006年3月10日:災害時の強い味方 親子ロボット登場!
[V2] フジテレビ 2006年3月10日:はしごニョキニョキ! 親子ロボットの実力 被災地に投入
[V1] 奈良テレビ 1996年7月17日:顔写真合成の新システム開発 [Movie(36MB)]
Web
[W16] NAIST Edge, 光メディアインタフェース研究室 本格始動!, 2015/3/25.
[W15] The Wall Street Journal, 2010/6/15, Fixing Without Touching
[W14] 映像メディア学会誌 2008年7月 てれび・さろん 私の研究開発ツール 第13回 CGツール POV-Ray
[W13] Intel モバイル派実践ダイアリー 2004年3月11日: 中西さんも期待するサッカーの新たな楽しみ方を伝えるコンテンツ 「サッカー自由視点映像生成デモプログラム」
[W12] 北海道新聞 2004年3月7日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W11] 京都新聞 2004年3月6日: 見たい角度から「サッカー観戦」 ネット中継システム開発
[W10] 河北新報ニュース 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W9] くまにち.コム 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W8] さきがけ on The Web 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦/ネット中継技術開発
[W7] Web 東奥ニュース 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W6] Gooニュース 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦
[W5] 四国新聞社 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦/ネット中継技術開発
[W4] 産経新聞 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W3] YAHOO! JAPAN NEWS 2004年3月6日: 見たい角度でサッカー観戦 ネット中継技術開発
[W2] YOMIURI ONLINE 2003年12月19日: サッカー中継は「好きなアングルで」
[W1] YOMIURI ONLINE 2003年12月18日: 好みのアングルでサッカー観戦!新システム開発


向川のトップページに戻る